「エンジニアの年収は低い」は間違い【現役エンジニアが実態を解説】

「エンジニアの年収は低い」は間違い【現役エンジニアが実態を解説】
悩んでいる人
・エンジニアに興味あるけど「年収が低い」って聞いたことがあるな…

・実際のところ、どうなんだろう…

 

こんな悩みを解決できます。

 

結論から言うと、「エンジニアの年収は低い」というのは間違いです。

 

ネットで検索すると、そのように書かれていることもありますが、実際にエンジニアとして働いている身からすると「実態は違うのになぁ」と感じることが多いです。

 

せっかくエンジニアに興味を持ったのなら、ぜひそういった情報に惑わされずにエンジニアのリアルを知ってから目指すべきか判断してほしいと思います。

 

この記事では、エンジニアの平均年収や未経験からエンジニアになった場合の年収、さらには未経験から年収の高いエンジニアになる方法を解説します

 

この記事を読み終えると、エンジニアの年収のリアルが分かり、未経験から年収の高いエンジニアになる方法を知ることができますよ。

 

ぜひ読み進めてみてください。

 

エンジニアの平均年収

エンジニアの平均年収

 

繰り返しになりますが、エンジニアの年収は低くないです。

 

実際にデータで見てみましょう。こちらはdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータから、正社員の業種別平均年収を算出した結果です。

doda平均年収(生涯賃金)ランキング

引用元:doda(デューダ) 平均年収(生涯賃金)ランキング

 

この調査結果から、エンジニアが属するIT/通信業界はメーカー、総合商社に次いで第3位と全体から見ても年収が高い部類に入ることが分かります。

 

また全業種の平均年収が408万円なので、それと比べるとエンジニアの年収は約40万円も高いです。

 

上記の通り、統計データで見てもエンジニアの年収は他業種と比べて高いです。

 

「エンジニアの年収が低い」と言われるのは企業の問題

 

「エンジニアの年収が低い」と言われるのは、その人が在籍している企業の問題であることがほとんどです。

 

上述した通り、平均で見るとエンジニアの年収は高いですからね。

 

どんな業界だって利益を出す企業がある一方で、利益を出せない企業もあります。

 

それによって当然社員の給料も変わってきますから、一部の人の年収が低くなるのは仕方がないことですね。

 

ただ、その声を業界全体で当てはめて認識してしまうとエンジニアのリアルな実態が見えないので、これからエンジニアになりたいと思っている人は情報の見極めが大事になってきます。

 

フリーランスエンジニアになれば年収1000万円も目指せる

 

上述した通り、エンジニアは正社員としての年収も高いですが、フリーランスエンジニアとして独立すればさらに年収を上げることができます。実際、年収1000万円を稼ぐこともそこまで難しくないです。

 

こちらはエンジニアのフリーランス案件を扱うレバテックフリーランスの実際の求人です。

レバテックフリーランス求人案件

引用元:レバテックフリーランス

 

このようにRubyの開発経験が2年あれば年収960万(80万×12ヶ月)と、1000万円近くも稼ぐことができます。

 

これ以外にも似たような案件はたくさんあり、エンジニアが圧倒的に不足している現状から、たった数年経験を積むだけでこういった高単価案件を獲得できるんですね。

 

以上から、エンジニアは正社員としても年収は高いですし、フリーランスエンジニアになればさらに高年収を実現できます。

 

未経験エンジニアの場合、年収は一時的に下がることもある

未経験エンジニアの場合、年収は一時的に下がることもある

 

上述した通り、エンジニアは数年経験を積めば高年収を実現できる魅力ある職種ですが、今から未経験でエンジニアに転職する場合は年収が一時的に下がる場合もあります。

 

なぜなら、「未経験エンジニア=新卒扱い」の企業が多いからです。

 

エンジニアは基本的にはスキルで評価されるので、スキルがない未経験の場合、年収が新卒と同程度になってしまうのは仕方がないですね

 

スキルアップできる企業の方が年収が低い

  • 自社開発ベンチャー企業
  • 受託開発ベンチャー企業
 

 

こういった企業はスキルアップできる一方で、まだ企業として大きな利益を上げられていないので金銭的体力がなく、社員の年収が低い傾向にあります。

 

逆に、未経験に初年度から高待遇を提示してくるような中大規模企業はスキルアップしにくいですね。

 

初年度の年収は未来への投資と割り切ろう

 

未経験からエンジニアに転職する場合、上述した通り初年度の年収は新卒と同程度になってしまいますが、これは未来への投資と割り切るのがオススメです。

 

一時的に今より年収が下がってしまうかもしれませんが、数年経験を積めばフリーランスエンジニアとして今の倍近い年収を得られますからね。

 

しかも、エンジニアはリモートワークや週3勤務といった自由な働き方も実現しやすいです。

 

こんなたくさんの魅力があって、誰でも目指せる職は他にはないと思います。

 

なので、今からでもエンジニアを目指すことを、僕は心からオススメします。

 

未経験から年収の高いエンジニアになる方法

未経験から年収の高いエンジニアになる方法

 

では、プログラミング完全未経験から年収の高いエンジニアになるには具体的にどうしたらよいかというと、以下の3ステップです。

 

未経験から年収の高いエンジニアになる方法

ステップ1:プログラミングスクールを使ってエンジニアに転職する(3〜4ヶ月)

ステップ2:自社開発or受託開発ベンチャー企業で経験を積む(1〜2年)

ステップ3:フリーランスエンジニアとして独立して高単価案件を獲得する

 

この流れが最も効率的かつ最速です。以下でそれぞれ解説していきます。

 

ステップ1:プログラミングスクールを使ってエンジニアに転職する(3〜4ヶ月)

 

まずプログラミングスクールを活用して確実にエンジニアに転職しましょう。

 

スクールを使うことで未経験でも効率的にプログラミングスキルを身に付けることができます。

 

またスクールの転職サポートを活用できるので、未経験でも自社開発or受託開発のような優良企業に転職できます。

 

詳しくはこちらの記事で未経験からエンジニアになる方法を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】

 

ステップ2:自社開発or受託開発ベンチャー企業で経験を積む(1〜2年)

 

次に、自社開発or受託開発ベンチャー企業で経験を積みましょう。

 

スキルアップを図るなら大企業ではなく、ベンチャー企業がオススメです。

 

なぜなら、人数が少なので開発全体に携われるからですね。

 

大企業では業務が細分化されているので一人で担当できる範囲が限定されてしまいます。

 

なので、一時的に年収は下がりますが、ベンチャー企業で1〜2年経験を積むのがオススメですよ

 

ステップ3:フリーランスエンジニアとして独立して高単価案件を獲得する

 

スキルを身につけたら、あとはフリーランスエンジニアとして独立して案件を獲得していきましょう。

 

先程も紹介した通り、1〜2年の経験があれば80万円以上の案件がゴロゴロありますよ。

 

ここまでこれば、あとは複数案件を受けて年収をUPしたり、週3勤務でストレスフリーで働いたりと自分の好きな働き方を選べるようになりますよ。

 

まとめ:エンジニアになって未来を切り開こう!

まとめ:エンジニアになって未来を切り開こう!

 

今回は、エンジニアの平均年収や未経験からエンジニアになった場合の年収、さらには未経験から年収の高いエンジニアになる方法を解説しました。

 

繰り返しになりますが、エンジニアの年収が低いというのは間違いで、むしろ他の職種に比べて圧倒的に稼ぎやすいです。

 

今未経験でも数年頑張れば、誰でもこのような世界に辿り着くことができます。ぜひチャレンジしてみてください。

 

関連記事
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-エンジニア転職, エンジニアの働き方

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.