未経験からAWSエンジニアに転職する唯一の方法|現役エンジニアが解説

未経験からAWSエンジニアに転職する唯一の方法|現役エンジニアが解説
悩んでいる人
AWSって最近良く聞くけど何?未経験からAWSを扱うエンジニアに転職できるのかな?

 

こんな悩みを解決できます。

 

最近はクラウドサービスが世間一般にも広がってきました。スマホの写真やPCデータの保存など、あらゆるところでクラウドサービスが使われています。

 

そんな我々の生活に欠かせない存在となりつつあるクラウドサービスですが、今大きな問題になっているのが「クラウドサービスを扱えるエンジニアが圧倒的に不足していること」です。

 

そして、あらゆるクラウドサービスの中でも特に需要が高く、エンジニアが不足しているのが、今回紹介する「AWS」です。

 

こういった背景からAWSに精通したエンジニアの単価は急騰していて、今目指すなら最も魅力ある仕事です。

 

そこで、この記事では、今最も注目度の高いAWSエンジニアに未経験から転職する方法を解説します。

 

僕の経歴

僕は未経験からプログラミングを習得しエンジニアに転職しました。今はAWSなどのインフラ領域も含めてフルスタックで開発しています。またWebサービス開発の傍ら、プログラミングスクール講師やフリーランス案件を請けたりと幅広く活動しています。

 

この記事を読むと、未経験からAWSエンジニアになる方法が分かり、理想のエンジニアライフに向けて大きな一歩を踏み出すことができますよ。5分ほどで読めるので、ぜひ読み進めてみてください。
SHIMI

 

AWS(Amazon Web Service)とは?

AWS(Amazon Web Service)とは?

 

AWSとは、皆さんご存知のAmazonが提供しているクラウドサービスです。AWSはクラウドに関連した100種類以上ものサービスを提供してます。

 

Amazonというとショッピングサイトのイメージが強いかと思いますが、実はAmazonの営業利益の60%以上をAWSが占めているんですね。

 

そして、そのAWSはクラウドサービス市場において30%以上もの圧倒的シェアを誇っています。

クラウドサービス市場のシェア比率

引用元:Synergy Research Group 

 

MicrosoftやGoogleと比較すると、そのシェアの高さがどれほどすごいことか分かるかと思います。

 

クラウドサービス市場は急成長している

 

そして、AWSを始めとするクラウドサービス市場は近年急成長しています。

クラウドサービス市場規模の推移

引用元:Synergy Research Group 

 

2016年と比較しても市場規模は5倍以上とその成長の早さが分かりますね。

 

しかも、この流れは今後も長期的に続くと見られています。

 

というのも、クラウドサービスを使えば、本来実物の機械が必要なサーバーなどをクラウド上に作ることができるので、コスト削減や開発スピードの迅速化など様々なメリットがあります。

 

なので、Webサービスを提供している企業がこぞってAWSへの乗り換えをしているんですね。

 

乗り換えだけでなく、新規サービスを開発する企業の多くもAWSを導入しています。

 

AWSエンジニアの需要が急速に高まっている

 

こういったAWSの需要の高まりに伴って、AWSエンジニアの需要も急速に高まっています。

 

AWSが近年出てきたサービスということもあり、AWSを扱えるエンジニアもまだまだ少ないですからね。

 

AWSエンジニアの仕事内容

  • AWSを使ったインフラの設計
  • AWS上のサーバーやストレージの構築
  • AWS上のサーバーやストレージの運用

 

このように、AWSエンジニアの仕事内容は設計から運用まで多岐に渡ります。AWSだけでも様々なサービスがあるので、必要な知識も多いです。

 

そういったこともあり、AWSエンジニアは参入障壁が高く、その分単価が高くなりやすいんですよね。

 

なので、一度AWSエンジニアになると、安定して高収入が見込めますよ。

 

未経験でもAWSエンジニアに転職できるようになった【朗報】

未経験でもAWSエンジニアに転職できるようになった【朗報】

 

幅広いスキルが必要となるAWSエンジニアですが、結論、未経験からAWSエンジニアに転職することは可能です。

 

なぜなら、未経験からAWSエンジニアに転職できるルートが整ってきたからです。

 

ここ数年で未経験からAWSエンジニアに転職できるルートが整ってきた

 

従来はAWSエンジニアに転職するためには独学でスキルを習得して自力で転職先を探すしか方法がありませんでした。

 

しかも、この方法だと、上述した通り幅広いスキルが必要となるAWSエンジニアに、未経験から転職するのはかなり難しかったんですよね。

 

しかし、近年のAWS需要の高まりから、AWSを効率的かつ確実に習得できて、転職先まで紹介してもらえるプログラミングスクールがここ数年でようやく出てきました。

 

つまり、従来はほぼ不可能だった未経験からのAWSエンジニア転職が今は可能になった、ということです。

 

なので、今未経験から高単価のエンジニアになりたい方にとっては大きなチャンスと言えますね。

 

未経験からAWSエンジニアに転職するなら「RaiseTech」一択!

未経験からAWSエンジニアに転職するなら「RaiseTech」一択!

 

では、未経験からAWSエンジニアに転職するために具体的にどうしたら良いかというと、

  • RaiseTechを使ってスキルを習得し、転職サポートを使ってAWSエンジニアに転職する

 

この通りです。正直、これ以上効率的で確実な方法はないと思っています。

 

RaiseTechとは?

RaiseTech

料金・期間 AWSフルコース:39.8万円(税込) / 4ヶ月間
学べるスキル AWS上でのインフラ環境構築、インフラのコード化・自動化、DevOpsなど
転職サポート あり
受講形式 オンライン
備考 開講月の2ヶ月前に申し込む「早割」で受講料が約3万円割引

 

RaiseTechは2019年にサービスを開始した今大注目のプログラミングスクールです。

 

そして、未経験からAWSエンジニアに転職できるのが、RaiseTechのAWSフルコースですね。

 

そんなRaiseTechの特徴を以下で詳しく解説していきますね。

 

特徴1:現場で通用するレベルでAWSを習得できる唯一のプログラミングスクール

 

RaiseTech最大の特徴は、現場で通用するレベルでAWSを習得できる唯一のプログラミングスクールである点です。

 

この「現場で通用するレベルで」というのがポイントで、従来はそこまでのスキル習得が未経験からだと難しかったんですよね。

 

しかし、それを可能にしたのが、RaiseTechなんです。

 

質の高いカリキュラムや徹底した学習サポート、充実した転職サポートなどあらゆる面で優れています。

 

他のスクールの場合、そもそもAWSを学べるスクール自体少ないですし、現場で通用するレベルとなるとRaiseTech以外ないんですよね。

 

なので、未経験からAWSエンジニアに転職するならRaiseTech一択です。

 

特徴2:講師は全員現役で活躍しているエンジニア

 

またRaiseTechの講師は全員現役で活躍しているエンジニアというのも大きな特徴です。

 

なぜなら、現場で実際に使われている技術や必要な知識をリアルタイムで教えてもらえるからです。

 

AWSは比較的新しいサービスなので、必要なスキルも日々アップデートされています。そんな常に新しい技術のキャッチアップが必要なAWSは現役エンジニアに指導してもらうのがベストなんですよね。

 

他のスクールの場合、学生やスクール専属の方が講師をしている場合も多いですからね。

 

しかも、RaiseTechの場合、単に現役のエンジニアとして働いているというだけでなく、月単価80万円以上のハイスキルエンジニアに限定しているので、講師のスキルレベルはスクールの中でもトップクラスですよ。

 

特徴3:転職サポートで転職先企業を紹介してもらえる

 

さらに、RaiseTechのAWSフルコースには転職サポートが付いていて、カリキュラム修了後に転職先企業を紹介してもらえます。

 

そして、未経験にはこの転職サポートが非常に重要です。

 

なぜなら、未経験の場合、自力で優良企業に転職するのはかなり難しいからですね。

 

その点、RaiseTechの転職サポートを使えば、スクール独自のルートで転職先企業を紹介してもらえますよ。

 

RaiseTechの特徴まとめ

  • 特徴1:現場で通用するレベルでAWSを習得できる唯一のプログラミングスクール
  • 特徴2:講師は全員現役で活躍しているエンジニア
  • 特徴3:転職サポートで転職先企業を紹介してもらえる

 

RaiseTechの特徴をまとめると上記の通りですね。

 

カリキュラムの質の高さや徹底した学習サポート、充実した転職サポートなどあらゆる面を考慮して、未経験からAWSエンジニアを目指すならRaiseTechがベストな選択ですね。

 

実際のカリキュラムを2週間無料で体験できる

 

RaiseTechでは、実際のカリキュラムを2週間無料で体験できます。

 

一度受講料を支払う必要があるのですが、実際にカリキュラムを受けてみて合わなかったら、理由を問わず全額返金してもらうことができます。

 

なので、「スクールが自分に合うか不安…」「興味あるからちょっと試してみたい」といった方も、ノーリスクでチャレンジできるので一度試してみると良いですよ。

>> RaiseTechの2週間無料体験に申し込む

関連記事
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!

 

まとめ:RaiseTechを使えば未経験からAWSエンジニアに転職できる!

まとめ:RaiseTechを使えば未経験からAWSエンジニアに転職できる!

 

上述した通り、AWSの需要が高まる一方、AWSエンジニアはまだまだ不足しています。なので、今AWSエンジニアになれば、間違いなく高収入が見込めます。

 

RaiseTechを使えば未経験でもたった4ヶ月でAWSエンジニアに転職できます。

 

そして、AWSエンジニアが少ない今のうちからスキルを身につけ、経験を積めば、数年後にはさらに好待遇を受けることができます。

 

そんな理想のエンジニアライフを掴み取るためにも、今すぐ行動に移すことが大切です。

 

ぜひ一歩踏み出してみてください。

>> RaiseTechの2週間無料体験に申し込む

>> RaiseTechの公式サイトに行く

関連記事
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-エンジニア転職, 未経験からのエンジニア転職

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.