文系からエンジニアに就職・転職する方法!「文系だから」は関係無し!

文系からエンジニアに就職・転職する方法!「文系だから」は関係無し!
悩んでいる人
・文系でもエンジニアになれるのかな?

・文系からエンジニアになる方法が知りたい!

 

こんな悩みを解決できます。

 

結論から先に言うと、文系でもエンジニアになることは十分可能です。

 

最近は自由度の高い働き方や高収入に憧れて、理系出身の方だけでなく、文系出身の方でもエンジニアを目指す人が増えてきています。

 

一方で、「文系だと理系に比べて不利になるんじゃないか」「数学の知識がないのに本当にプログラミングができるんだろうか」と不安を抱える人も多いと思います。

 

そこで、この記事では、文系でもエンジニアになれる理由と文系からエンジニアに就職・転職する効率的かつ確実な方法を解説します。

 

この記事を読み終えると、文系でもエンジニアになれることが分かり、自信を持ってエンジニアを目指すことができますよ。

 

ぜひ読み進めてみてください。

 

文系でもエンジニアになれる理由

文系でもエンジニアになれる理由

 

文系でもエンジニアになれる理由は3つあります。

 

文系でもエンジニアになれる3つの理由

理由1:エンジニアに数学の知識は必要ないから

理由2:文系出身でエンジニアになっている人は大勢いるから

理由3:文系の能力はエンジニアでも活かせるから

 

それぞれ以下で詳しく解説していきます。

 

理由1:エンジニアに数学の知識は必要ないから

 

まず、エンジニアになるのに数学の知識はほとんど必要ないです。

 

プログラミング未経験の人からすると、「プログラミングには高度な数学の知識が必要」と思うかもしれませんが、実はそんなことありません

 

高度な数学の知識が必要になるのは最先端技術を扱う研究機関や大学の研究室くらいで、Web系企業でとしてWebエンジニアとして働く分には中学生レベルの数学ができれば全く問題ないです。

 

この記事を読んでいる方は、エンジニアに転職したい、フリーランスエンジニアになりたい、といった方々が大半だと思います。

 

なので、エンジニアに高度な数学の知識は必要ありませんよ。

 

理由2:文系出身でエンジニアになっている人は大勢いるから

 

下の図を見てください。ITエンジニア全体における出身学部の文系と理系の割合を示しています。

ITエンジニア出身学部割合

引用元:IT人材白書2020

 

こちらのデータが示す通り、全ITエンジニアの30%以上が文系出身者です

 

理系の方が志望者の数が多いことを考えると、エンジニアになれる割合というのは理系も文系もほとんど変わりませんよ。

 

なので、文系でもエンジニアになることは十分可能です。

 

実際の現場でも文系出身は約40%もいる

 

一例になりますが、僕が働いているWeb系ベンチャー企業では、エンジニアの40%が文系出身です。

 

銀行や証券会社、メーカーなどあらゆる業界から文系未経験から転職してきていますし、新卒採用でも文学部や経済学部出身の方も採用しています。

 

先程の統計データが示す通り、実際の現場でも文系出身の人は本当にたくさんいますよ。

 

理由3:文系の能力はエンジニアでも活かせるから

 

一般的に文系の方は理系の方よりもコミュニケーション能力が高い傾向があります。

 

そして、その能力はエンジニアでも大いに活かすことができます。

 

なぜなら、エンジニアはプログラムを書くことだけが仕事じゃないからです。

 

エンジニアは1人で黙々とプログラミングをしているイメージがあるかもしれませんが、実際には社内チームや顧客とコミュニケーションを取りながら開発しているので、コミュニケーション能力は必須です。

 

さらには、文系の方が得意とするコミュニケーション能力を活かせば、プロジェクトマネージャー(PM)やプロダクトオーナー(PO)としても活躍できます。

 

こういった「プロジェクト推進もできるエンジニア」は誰しもがなれるわけではないので、多くの企業で重宝されますよ。

 

エンジニアになるのに文系と理系で違いはあるのか?

エンジニアになるのに文系と理系で違いはあるのか?

 

結論から言うと、文系と理系の違いはほとんどありません。

 

もしあるとすると、文系と理系で初任給に差がある企業が一部あるくらいです。

 

これは理系の方が入社時点でのスキルが高いと見なされるからですね。

 

ただその差も金額にして数万円程度で、入社して1, 2年で給与体系も同じになることがほとんどなのであまり気にする必要はないです。

 

実際、理系の方が大学の数年間で学んだスキルくらい、企業で毎日のようにプログラミングをやれば一瞬で埋まりますからね。

 

なので、文系と理系の違いはほとんどなく、エンジニアになるのに文系出身であることを気にする必要は全くありませんよ。

 

文系からエンジニアに就職・転職する効率的かつ確実な方法

文系からエンジニアに就職・転職する効率的かつ確実な方法

 

文系から効率的かつ確実にエンジニアに就職・転職するなら、以下の3ステップが最もオススメです。

 

文系からエンジニアに就職・転職する効率的かつ確実な方法

ステップ1:Progateでプログラミングの基礎を習得する

ステップ2:就職・転職サポート付きのプログラミングスクールに通う

ステップ3:スクールの就職・転職サポート経由で就職・転職する

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

ステップ1:Progateでプログラミングの基礎を習得する

 

まずProgateでプログラミングの基礎を習得しましょう。

 

Progateはプログラミングのオンライン学習サイトで、多くのプログラミング初心者が最初に利用するサービスです。

 

Progateから始めることをオススメする理由は、初心者にも分かりやすく、ゲーム感覚で楽しくプログラミングを学べるからです。

 

プログラミングは本来パソコンへの環境構築が必要ですが、Progateはオンラインで完結できるので環境構築が不要で、初心者でも簡単にプログラミングを始めることができます。

 

なので、まずはProgateを使って学習しましょう。

 

ステップ2:就職・転職サポート付きのプログラミングスクールに通う

 

Progateでプログラミングの基礎を習得したら、就職・転職サポート付きのプログラミングスクールに通いましょう。

 

「就職・転職サポート付きのプログラミングスクール」の活用をオススメする理由は大きく2つあります。

  • 挫折せず効率的にプログラミングを習得できる
  • 就職・転職先企業を紹介してもらえる
 

 

挫折せず効率的にプログラミングを習得できる

 

プログラミングの挫折率は90%というデータもある通り、プログラミングはやり始めが一番難しく多くの人が挫折してしまいます。

 

その点、スクールを活用すれば、プロの講師に質問し放題なので、エラーでつまずいてもすぐに解決できます。

 

またプログラミングスキルだけでなく、GitやGithub、Dockerなど、実際の現場で必要となるスキルも身に付けることができますよ。

 

就職・転職先企業を紹介してもらえる

 

また就職・転職サポート付きのスクールでは、カリキュラム修了後に就職先企業を紹介してもらうことができます。

 

プログラミング未経験から優良企業に就職・転職するのは、自力ではかなりハードルが高いです。

 

その点、スクールのサポートがあれば、企業とのコネクションがあるので、未経験でも比較的簡単に就職・転職できますよ。

 

実際僕の会社でも、文系から就職・転職してきた人はほぼ全員スクール出身ですよ。

 

どのスクールを選べば良いか?

 

就職・転職サポート付きのスクールと言っても、今はたくさんあってどれを選べば良いか迷ってしまうと思います。

 

そこで、こちらの記事で、就職・転職に強いプログラミングスクールを厳選して解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】

 

ステップ3:スクールの就職・転職サポート経由で就職・転職する

 

スクールのカリキュラムを修了したら、就職・転職サポートを活用して就職・転職活動をしていきましょう。

 

スクールから紹介してもらえば、エンジニア未経験でも優良企業に就職しやすいです。

 

実際に僕は、自力とスクール経由の転職活動を同時にやりましたが、自力では40社エントリーして内定1社に対して、スクール経由だと12社エントリーして3社内定を獲得できました。

 

スクール経由の方は途中辞退もあるので、実際はさらに高確率で内定を獲得できると思いますよ。

 

理想的な進め方

 

理想的な進め方としては、Progateを始めるのと同時に、スクールの無料カウンセリングを受けると良いですよ。

 

なぜなら、Progateが終わったらスクールですぐに受講開始でき効率が良いからです。

 

スクールは申し込んでから実際に受講できるまでに2週間〜1ヶ月程時間がかかることが多いですからね。

 

以下の記事で紹介しているスクールはすべて無料でカウンセリングができるので、気になるスクールを2つか3つほど選んで話を聞いてみると良いですよ。

 

まだ就活前の大学生なら就職サポート無のスクールがオススメ

 

もし、あなたがまだ就活前の大学生なら就職サポート無のスクールの方がオススメです。

 

なぜなら、新卒採用の場合、エンジニア未経験でも採用してもらえる可能性が高いからです。

 

就職サポート付きのスクールは、サポートが付く分、料金も高めに設定されています。

 

なので、まだ就活前の大学生なら、以下の記事で紹介しているスクールで学割を使ってお得に受講するのがオススメですよ。

 

まとめ:文系でも自信を持ってエンジニアを目指そう!

まとめ:文系でも自信を持ってエンジニアを目指そう!

 

今回は、文系でもエンジニアになれる理由と文系からエンジニアに就職・転職する効率的かつ確実な方法を解説しました。

 

上述した通り、文系でも全く問題なく、エンジニアになることができます。

 

エンジニアになればパソコン1台あればどこでも働くことができ、フリーランスになれば週3勤務や高収入も実現できます。これほどまでに可能性に満ち溢れた職種は他にはないです。

 

ぜひ、自分のなりたい姿を思い描いて、行動に移してみてください。

 

関連記事
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】
関連記事
大学生に本当にオススメできるプログラミングスクール3選【学割あり】
大学生に本当にオススメできるプログラミングスクール3選【学割あり】

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-エンジニア転職, 未経験からのエンジニア転職

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.