地方在住者必見!未経験からエンジニアに転職する2つの方法【実体験】

地方在住者必見!未経験からエンジニアに転職する2つの方法【実体験】
悩んでいる人
今地方に住んでいるけど、地方在住者が未経験からエンジニアに転職するベストな方法が知りたい!

 

こんな悩みを解決できます。

 

地方に住んでいる方がエンジニアに転職する方法には大きく分けて2つあります。

  • 地方でプログラミングを学んで、地方でエンジニアに転職する
  • 地方でプログラミングを学んで、都市圏でエンジニアに転職する

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、どちらが良いかは人によって違います。

 

ただ、未経験からエンジニアに転職する場合、どちらを選択するかによって転職までの道のりが大きく変わってきます。

 

そこで、この記事では地方在住者が地方・都市圏でエンジニアに転職するベストな方法を解説します。それぞれのメリット・デメリットも解説しますよ。

 

僕の経歴

僕も元々地方に住んでいて、未経験からプログラミングを学んで都市圏でエンジニアに転職しました。現在は現役エンジニアとして開発に携わるだけでなく、プログラミングスクール講師としても活動しています。

 

この記事を読めば、地方在住者がエンジニア転職するベストな方法が分かり、理想のエンジニアライフの実現に向けて一歩踏み出すことができますよ。5分ほどで読めますので、ぜひ読み進めてみてください。
SHIMI

 

地方在住者のエンジニア転職には2つの選択肢がある

地方在住者のエンジニア転職には2つの選択肢がある

 

繰り返しになりますが、地方在住者がエンジニア転職する方法は以下の2通りあります。

  • 地方でプログラミングを学んで、地方でエンジニアに転職する
  • 地方でプログラミングを学んで、都市圏でエンジニアに転職する

 

この他にも「今の会社を辞めて都市圏に引越してからプログラミングを学ぶ」という方法もありますが、リスクがあるのでなかなか行動に移すのは難しいと思います。

 

なので、リスクなくエンジニア転職できる上記の2通りについて解説していきます。

 

この2通りでもそれぞれベストな方法が大きく変わってくるので、地方と都市圏のどちらで転職するのかは最初に決めましょう。

 

それぞれのメリットを以下で比較していくので、これを参考に決めると良いですよ。

 

地方と都市圏でエンジニア転職するメリット・デメリット比較

地方と都市圏でエンジニア転職するメリット・デメリット比較

 

ここでは、地方と都市圏でエンジニア転職するメリット・デメリットを解説します。

 

地方でエンジニア転職するメリット・デメリット

メリット

  • プログラミングスキルが高くなくても需要がある
  • 生活コストが低い
  • 愛着のある地元でストレスなく生活できる

 

地方では都市圏に比べてスキルの高いエンジニアの数が少ないので、プログラミングスキルがそこまで高くなくても一定の需要があります。

 

なので、技術の進化が速いIT業界でも安定して稼ぐことができますよ。

 

さらに、金銭面でも精神面でもあまりストレスなく働くことができるのも地方の魅力ですね。

 

デメリット

  • 使っているプログラミングスキルが古い傾向がある
  • 勉強会やセミナーに参加しにくい
  • 求人数の絶対数は少ない
  • 給料が低い

 

一方、デメリットとしては主に、使っているプログラミングスキルが古い傾向がある点と勉強会やセミナーに参加しにくい点が挙げられます。

 

求人数の絶対数が少ない点も挙げられますが、エンジニアの絶対数も少ないので一概にデメリットとは言えないですね。

 

また、給料が低い点も生活コストが低い分、トータルの収支で考えると都市圏と変わらないといった感じです。

 

都市圏でエンジニア転職するメリット・デメリット

 

都市圏のメリット・デメリットは、地方のメリット・デメリットの逆になります。

 

メリット

  • 求人数が多い
  • 給料が高い
  • 最新のプログラミングスキルを習得できる
  • 勉強会やセミナーに参加しやすい

 

都市圏の一番のメリットは、求人数が多く、給与水準も高いことです。

 

特にIT企業は都市圏に集中しているので、エンジニア需要が高く、その分給料も上がりやすいんですよね。

 

また最新の技術をいち早く取り入れるのは、都市圏の企業が多いです。

 

なので、スキル面の向上がしやすく、エンジニアとしての市場価値を上げやすいのは都市圏で働く大きなメリットですね。

 

デメリット

  • 慣れない土地や通勤でのストレスがある
  • 生活コストが高い

 

一方、デメリットとしては、慣れない土地や通勤でのストレス、生活コストが高い点が挙げられます。

 

ただ、会社の近くに住んで通勤のストレスを回避したり、最近流行っているシェアハウスを使えば生活コストを大きく下げることも可能ですね。

 

以上の通り、地方と都市圏どちらもメリット・デメリットがあるので、これらを念頭に置いて自分に合った選択をしてみてください。

 

未経験からエンジニア転職するならプログラミングスクールがオススメ

未経験からエンジニア転職するならプログラミングスクールがオススメ

 

未経験からエンジニアに転職する場合、大きく分けて以下の2つの方法があります。

  • 独学
  • プログラミングスクール

 

結論から言うと、プログラミングスクールを使うのが断然オススメです。

 

独学よりもプログラミングスクールがオススメな理由

 

では、なぜ独学よりプログラミングスクールをオススメするかというと次の2つの理由があるからです。

 

理由1:挫折せず効率的にプログラミングを習得できるから

 

プログラミングは学び始めが一番難しく、多くの時間と労力を消費します。

 

なぜなら、数多くのエラーに対処する必要があるからですね。

 

プログラミングを始めたばかりの頃は「エラーが発生して解決したと思ったらまたエラー…」といったように、エラー解決に多くの時間と労力がかかります。

 

それを自力で解決しようとするといくら時間があっても足りないんですよね。特に社会人で働きながらとなるとなおさらです。

 

その点、スクールを使えばプロの講師に質問し放題なので、エラーでつまずいてもすぐに解決でき、時間と労力をかけずに効率的にプログラミングを習得できます。

 

加えて、エラー解決で悩むことが少ないので、結果的に挫折する可能性をグンッと下げることができますよ。

 

独学でのプログラミング学習の挫折率が90%と言われているほどなので、挫折せずプログラミングを習得するためにはスクールは非常に有効な手段なんですね。

 

理由2:転職サポートを使うことで、より確実に優良企業に転職できるから

 

また、転職サポート付きのプログラミングスクールであれば、カリキュラム修了後に転職先を紹介してもらうことができます。

 

この転職サポートが非常に強力で、未経験ではなかなか採用してもらえない優良企業でもスクール独自のルートで入ることができます。

 

僕自身、この転職サポートを使って転職しましたが、転職サポートのおかげで3社から内定を獲得できましたよ。

 

このように、プログラミングを習得できるだけでなく、転職サポートも使えるのはスクールを選ぶ大きなメリットですね。

 

地方でプログラミングスクールに通うなら「オンライン」一択

 

そして、地方でプログラミングスクールに通うなら「オンライン」一択です。

 

なぜなら、地方でも質が高くて多くの実績を挙げているスクールを受講できるからです。

 

ここ数年でプログラミングスクールの数は急増していますが、東京に一極集中しているのが現状です。なので、地方で質が高くて実績を挙げているスクールってほとんどないんですよね。

 

その点、オンラインスクールであれば、スクール激戦区の東京で数多くの実績を挙げているスクールを地方にいながら受講できます。

 

オンラインだと学習サポートが十分に受けられないのでは?と心配な方もいるかもしれませんが、今はどのスクールもオンライン学習に力を入れていて、対面で受講するのと変わらない学習環境が整っていますよ。

 

なので、地方でプログラミングスクールに通うならオンライン一択です。

 

独学よりもスクールを使う方がトータルで考えるとお得

 

ここで、「スクールに通うのがオススメと言われてもお金がかかかるしな…」と思った方。

 

実は独学よりもプログラミングスクールに通う方がお得なんです。

 

確かに独学でやれば短期的にはお金をかけずにできるので、お得だと思いますよね。

 

でもよく考えてみてください。

 

スクールを使えば、独学よりも圧倒的に早くスキルが身について稼げるようになります。

 

そうすれば、スクールにかかる費用なんて一瞬で回収できるんですよね。

 

なので、長期的に見るとプログラミングスクールに通った方がお得ですよ。

 

地方在住者が地方でエンジニアに転職する方法

地方在住者が地方でエンジニアに転職する方法

 

地方在住者が地方でエンジニア転職するベストな方法は次の2ステップです。

 

地方在住者が地方でエンジニア転職するベストな方法【2ステップ】

ステップ1:転職サポート無のオンラインプログラミングスクールに通う

ステップ2:転職エージェントを使ってエンジニア転職する

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

ステップ1:転職サポート無のオンラインプログラミングスクールに通う

 

オンラインのスクールを選ぶ理由は上述した通りですが、地方で転職する場合は「転職サポート無」のスクールを選びましょう。

 

なぜなら、地方で転職する場合、転職サポート経由で企業を紹介してもらえないからです。

 

転職サポート付きのスクールでは企業を紹介してもらえると言いましたが、実は紹介先企業のほとんどは都市圏に集中しています。

 

しかも、転職サポートが付いている分、料金も高い傾向があります。

 

なので、地方で転職したい方は「転職サポート無」のスクールを使って、プログラミングを習得するのがオススメですよ。

 

オススメの転職サポート無のオンラインプログラミングスクール

 

では、具体的にどのスクールがオススメかと言うと、テックアカデミーですね。

 

テックアカデミーはこれまでに3万人以上の受講生を輩出している、業界最大級のスクールです。

 

いち早くオンラインに力を入れてきたので、オンライン学習ツールが充実しているのが特徴です。

 

また、講師が全員現役のエンジニアであるのも魅力ですね。

 

さらに、完全オンラインに特化していて転職サポートもついていないので、他のスクールと比較して料金が安いのもポイントですよ。

 

テックアカデミーではオンラインで無料体験を受けられるので、一度試してみてください。

>> テックアカデミーの無料体験に申し込む

 

テックアカデミーについて詳しく知りたい方はこちらに記事も参考にしてみてください。

関連記事
【受講者の評判あり】テックアカデミーを現役エンジニアが徹底解説!
【受講者の評判あり】テックアカデミーを現役エンジニアが徹底解説!

 

ステップ2:転職エージェントを使ってエンジニア転職する

 

スクールでプログラミングを習得したら、転職エージェントを使ってエンジニア転職しましょう。

 

上述した通り、地方の場合、スクールの転職サポートが十分に受けられないので、ここは転職エージェントを使うのがオススメです。

 

具体的には、レバテックキャリアdodaエージェントですね。

 

転職エージェントは企業から報酬を受け取って収益をあげているので、利用者側は完全無料で使えるんですよね。

 

なので、上記2社を同時に使って良い案件をもってきてくれる方と話を進めるのが良いですよ。

 

地方在住者が都市圏でエンジニアに転職する方法

地方在住者が都市圏でエンジニアに転職する方法

 

次に、地方在住者が都市圏でエンジニア転職するベストな方法は次の2ステップです。

 

地方在住者が都市圏でエンジニア転職するベストな方法【2ステップ】

ステップ1:転職サポート付きのオンラインプログラミングスクールに通う

ステップ2:スクールの転職サポートを使ってエンジニア転職する

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

ステップ1:転職サポート付きのオンラインプログラミングスクールに通う

 

都市圏で転職する場合は「転職サポート付き」のスクールを選びましょう。

 

これは、上述した通り、スクールの転職サポート経由であれば、未経験でも優良企業に転職できる可能性が高いからですね。

 

都市圏で転職したい方は「転職サポート付き」のスクールを使って、プログラミングの習得からエンジニア転職まで完結するのがオススメですよ。

 

オススメの転職サポート付きオンラインプログラミングスクール

 

では、具体的にどのスクールがオススメかと言うと、

 

この2択ですね。

 

質の高いカリキュラムや徹底した学習サポートでスキルを身につけて、確実に転職したい方テックキャンプ エンジニア転職がオススメです。

 

一方、自走力を付けて自社開発・受託開発企業に転職したい方ポテパンキャンプがオススメです。

 

両社とも無料でカウンセリングをしてくれるので、両方の話を聞いて比較してみると良いですよ。どちらも質の高さは保証できるのであとは自分に合っている方を選べばOKです。

>> テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリングに申し込む

>> ポテパンキャンプの無料カウンセリングに申し込む

 

さらに詳しく知りたい方は、こちらに記事も参考にしてみてください。

関連記事
【受講者の評判あり】テックキャンプ エンジニア転職を現役エンジニアが徹底解説!
【受講者の評判あり】テックキャンプ エンジニア転職を現役エンジニアが徹底解説!
関連記事
ポテパンキャンプって実際どうなの?【卒業生が徹底レビュー】
ポテパンキャンプって実際どうなの?【卒業生が徹底レビュー】

 

ステップ2:スクールの転職サポートを使ってエンジニア転職する

 

スクールでプログラミングを習得したら、スクールの転職サポートを使ってエンジニア転職しましょう。

 

上述した通り、スクールの転職サポートを使えば、未経験でも優良企業に転職できる可能性が大きく広がります。

 

ぜひ上手く活用してみてください。

 

まとめ:地方在住でもエンジニアを目指せる!

まとめ:地方在住でもエンジニアを目指せる!

 

今回紹介した方法は地方・都市圏の企業にエンジニア転職するベストな方法です。これは自身の経験を踏まえて、自信をもって言えます。

 

そして、この方法の通りにやれば、地方在住でも未経験からエンジニアに転職できます。

 

さらに、2, 3年現場経験を積めば、フリーランスエンジニアになって高収入や週3勤務などの自由な働き方を実現することも可能です。

 

そんな理想のエンジニア生活を実現するためには、行動を起こすことが大切ですよ。まずは無料でできることから始めてみてください。

 

  • 地方でエンジニア転職したい方

>> テックアカデミーの無料体験に申し込む

 

  • 都市圏でエンジニアに転職したい方

>> テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリングに申し込む

>> ポテパンキャンプの無料カウンセリングに申し込む

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-エンジニア転職, 未経験からのエンジニア転職

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.