40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法【3ステップ】

40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法【3ステップ】
悩んでいる人
・40代未経験からエンジニアになれるのだろうか?

・エンジニアになりたいけど、家族がいるからリスクを取れないし…

 

こんな悩みを解決できます。

 

最近は未経験からエンジニアに転職する人が急速に増えています。

 

在宅ワークや週3勤務など自由な働き方ができるのはもちろん、手に職が付くので安定して仕事に就けます。

 

そして、エンジニアの一番の魅力はその収入の高さですね。完全未経験でもたった1〜2年の実績を積むだけで年収800万円以上は堅いですからね。

 

これもエンジニアが不足している状況だからこそ、現実にありえる世界なんですね。

 

こういった多くの魅力から、最近は20代、30代だけでなく、40代からエンジニアを目指す人も多いです。

 

ただ「40代からエンジニアになりたい」と思う一方で、

  • 40代から本当にエンジニアになれるんだろうか…
  • リスクを取らないとなれないんじゃないか…

こういった不安を感じる人も多いと思います。

 

そこで、この記事では、40代未経験からエンジニアになりたい方に向けて、上記の疑問に対する回答や40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法を解説します。

 

この記事を読み終えると、40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法が分かり、理想の将来に向けて一歩踏み出すことができますよ。

 

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

結論:40代未経験でもエンジニアに転職できる

結論:40代未経験でもエンジニアに転職できる

 

まず結論から言うと、40代未経験からエンジニアに転職することは十分可能です。

 

なぜなら、実際に40代未経験からエンジニアに転職している人が数多くいるからです。

 

Yahoo!やサイバーエージェントなどの大企業への転職はかなり難しいですが、中小企業であれば可能性はありますよ。

 

中小企業の場合、大企業のように採用条件が一律でなく、そのときに必要とする人材を採用します。なので、業界は違えど社会人経験豊富な40代を求めている企業だってあります。

 

そして、IT業界の場合、そういった中小企業やベンチャー企業が全体の90%以上も占めています。

 

なので、40代未経験でも採用してくれる企業は間違いなく存在しますよ。

 

ただし、正社員としての採用は難しい

 

このように40代未経験からエンジニアに転職することは可能です。しかし、それ相応に難易度が高いのも事実です。

 

なぜなら、未経験からのエンジニアを採用する場合、企業は少しでも「年齢が若い」人材を採用したいからですね。

 

40代よりも30代、30代よりも20代と、同じスキルであれば年齢が若い人の方が優遇されます。

 

40代未経験からエンジニアに転職することは可能ではありますが、「年齢」という大きなハードルを乗り越えなければならないのも、やはり現実問題としてあります。

 

40代未経験からエンジニア転職するならフリーランスがオススメ

40代未経験からエンジニア転職するならフリーランスがオススメ

 

ではどうすれば良いかというと、40代未経験からエンジニア転職するなら次の方法が最もオススメです。

  • 独立してフリーランスとして稼ぐ

 

なぜフリーランスをオススメするかというと、年齢の縛りがないからですね。

 

フリーランスは年齢の縛りがない

 

正社員の場合、企業としてはその人を「雇用」しなければならないので、やはりそれなりに責任が伴います。例えば、人件費がひっぱくしても正社員だと法律上解雇できない、とかですね。

 

その点、フリーランスであれば、企業は雇用する必要がないので年齢はまったく気にしません。

 

ちゃんと依頼と通りに納品してくれるかどうかで契約の有無を判断し、納品物の良し悪しだけで契約の継続を判断します。

 

なので、40代からエンジニアになるなら、年齢の関係ないフリーランスがオススメです。

 

フリーランスとして独立するには「実績」が重要

 

ではフリーランスとして独立するにはどうしたら良いかというと、少しでも多く「実績」を積むことです。

 

なぜなら、フリーランスへの仕事の依頼主はその人の実績を見て依頼するかどうかを判断するからですね。

 

例えば、Webサイトを作りたい企業が仕事を依頼するとき、

  • 「実績はないけど一生懸命頑張るのでやらせてください!」という人
  • 「今までに似たようなWebサイト制作を作ったことがあります!」という人

の2人がいたら、企業は必ず後者に依頼します。

 

なぜなら、企業としては期限までに質の高い納品物を確実におさめられるか、が最も重要なポイントだからです。

 

過去に類似の実績があれば、素人目で見ても確実に作れることが分かりますよね。

 

なので、フリーランスは実績を積むことが最も大切なんですね。

 

まずはリスクゼロで副業から始めるのがオススメ!

 

未経験から始めるとなると当然ながら実績はゼロです。

 

なので、最低限の実績を積んで確実に案件を請けれるようになるまで、今の仕事を続けながら副業でやっていくのが最もオススメです。

 

副業であれば、今の仕事を辞める必要がないのでリスクゼロで始められますからね。

 

実際、40代から始める人の多くは副業からスタートしていますよ。

 

40代未経験から確実に稼げるようになるなら「Web制作」一択

40代未経験から確実に稼げるようになるなら「Web制作」一択

 

一口にプログラミング案件と言っても、Webアプリ制作やスマホアプリ制作などその種類は非常にたくさんあります。

 

そんな中で、40代未経験からフリーランスを目指してプログラミングを始めるなら「Web制作」一択です。

 

なぜなら、Web制作は需要が最も高く、必要なプログラミングスキルもそこまで高くないからですね。

 

Web制作とは?

 

Web制作とは、主にWebサイトを作る仕事です。企業のHPを作ることをイメージすると分かりやすいかと思います。

 

Web制作の特徴は上述した通り、その需要の高さです。

 

今やほとんどの企業がHPを持っていますよね。HPを新たに制作したり、現状のHPを改修したりとその需要の高さは他のプログラミング案件を圧倒しています。

 

Web制作の案件相場

 

Web制作でどれぐらい稼げるかというと、次の通りです。

  • 1案件あたり1万円〜30万円(一部、50万円〜100万円の案件もあり)

 

金額に幅がありますが、Web制作案件全体を見るとこんな感じです。

 

報酬は依頼主や案件内容で変わる

 

これだけ相場に幅があるのは、依頼主や案件内容によって報酬が変わるからです。

 

例えば、同じような案件内容でも依頼主が企業であれば10万円、個人であれば7万円といった感じですね。

 

なので、1案件当たり、ざっくりと1万円〜30万円程度と理解頂ければOKです。

 

作業期間は簡単な機能改修であれば数時間、HPの新規制作など大掛かりなものになると1週間〜2週間かかります。

 

こういった案件を複数こなせば、フリーランスで月で50万円以上は確実に目指せますよ。

 

数年経験を積んで月80万円以上稼いでいる人もたくさんいますよ。

 

Web制作に必要なスキル

 

Web制作には具体的に以下のスキルが必要になります。

  • HTML/CSS
  • JavaScriptの基礎
  • PHPの基礎
  • WordPress

 

HTML/CSS、JavaScript、PHPはプログラミング言語ですね。

 

WordPressはWebサイト制作で使われる、コンテンツ管理システム(CMS)の一つです。

 

世の中の全Webサイトの37%がWordPressで作られているほど、世界中で広く使われているツールですよ。

 

WordPressについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法【3ステップ】

40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法【3ステップ】

 

40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法は次の3ステップです。

 

40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法【3ステップ】

  • ステップ1:プログラミングスクールでスキル習得&制作物
  • ステップ2:副業でクラウドソーシング案件を請ける
  • ステップ3:フリーランスとして独立する

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

ステップ1:プログラミングスクールでスキル習得&制作物

 

まずプログラミングスクールに通いましょう。

 

独学という選択肢もありますが、40代未経験からエンジニアになるならプログラミングスクール一択です。

 

なぜなら、スクールに通えば実践的なスキルを習得できるだけでなく、制作物も作れるからです。

 

上述した通り、案件を獲得するには「実績」が重要です。スクールに通えばカリキュラムの中で制作物を作れるので、その実績を元に案件を獲得できます。

 

独学でもプログラミングの習得は不可能ではないですが、挫折する可能性が高く、重要な「制作物」が作れません。

 

なので、費用こそかかりますが、40代未経験からエンジニアになるならプログラミングスクール一択ですね。

 

ここで、「費用がかかるのは無理…」という方は、厳しいようですがエンジニアになるのは諦めたほうが良いです。

 

今思い切って自己投資をすれば、将来を大きく変えられますよ。

 

こちらの記事で40代にオススメのプログラミングスクールを解説しているので参考にしてみてください。

 

ステップ2:副業でクラウドソーシング案件を請ける

 

プログラミングスクールでスキル習得して制作物を作ったら、早速案件を請けていきましょう。

 

案件を請ける方法は大きく2つあります。

  • クラウドソーシングサイトを使う
  • 人脈を生かす

 

人脈を生かして直接案件を請けられるとマージンを取られない分、単価も高くなりますが、始めのうちは人脈がないと思います。

 

なので、最初はCrowdWorksなどのクラウドソーシングサイトを使って案件を請けましょう。

 

クラウドソーシングサイトを使えば、人脈がなくてもスクールの実績を元に案件を獲得できますよ。

 

ステップ3:フリーランスとして独立する

 

副業で月10万円以上稼げるレベルになったら、フリーランスとして独立しましょう。

 

そこまで稼げるようになれば、本業として活動しても十分安定して収入を得られるようになります。

 

フリーランスになれば、自分で仕事量を調整できますし、会社に通勤する必要もありません。

 

会社に依存することなく、自分が思った通りの働き方や収入を実現できますよ。

 

まとめ:まずはリスクゼロで副業から始めよう!

まとめ:まずはリスクゼロで副業から始めよう!

 

今回は、40代未経験からエンジニア転職する最も現実的な方法を解説しました。

 

40代未経験からエンジニアに転職するなら、今回紹介した3ステップ以上に現実的な方法はないと思います。

 

理想の将来を手に入れるためにもまずは行動しないと何も変わりませんよ。

 

まずは副業からリスクゼロで挑戦してみてください。

 

関連記事
40代50代にオススメのプログラミングスクール3選【受講者急増の実態】
40代50代にオススメのプログラミングスクール3選【受講者急増の実態】

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-エンジニア転職, 未経験からのエンジニア転職

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.