インフラエンジニアの将来性は?【習得すべきスキルも解説】

インフラエンジニアの将来性は?【習得すべきスキルも解説】
悩んでいる人
インフラエンジニアの将来性ってどうなんだろう?このまま続けていて良いのかな?

 

こんな悩みを解決できます。

 

先に結論を言うと、インフラエンジニアの仕事は今後も無くなることはないです。なので、その点は安心してください。

 

じゃあ、今のまま何もしなくても良いかというと、そうではありません。

 

将来的にも今の収入と同等もしくはそれ以上に稼いでいこうとすると、需要の高い新たな技術を習得する必要があります。

 

そこで、この記事では、

  • インフラエンジニアの将来性
  • 将来性のあるインフラエンジニアになるために習得すべきスキル

について、解説します。

 

僕の経歴

現役エンジニアとしてインフラ周りからサーバーサイド、フロントエンドまで開発しています。また、それ以外にもプログラミングスクール講師やフリーランス案件を請けたりと幅広く活動しています。

 

この記事を読むと、インフラエンジニアの将来性や今後習得すべきスキルが分かり、将来安定した生活を送るための準備を始められますよ。
SHIMI

 

インフラエンジニアの仕事は将来的にも無くならない

インフラエンジニアの仕事は将来的にも無くならない

 

繰り返しになりますが、インフラエンジニアの仕事は今後も無くなることはないです。

 

なぜそのように言えるかというと、インフラエンジニアの仕事はITが使われ続ける限り必要とされる仕事だからです。

 

ITを使うために必要なサーバーやネットワークの設計・構築・運用・保守がインフラエンジニアの主な仕事なので、人々がITを使う限り必要になるんですよね。

 

さらには、5Gや大容量通信が普及し始めている現代では、インフラエンジニアの需要は右肩上がりになっています。

 

インフラエンジニアの将来性は?【新しい技術への対応は必要】

インフラエンジニアの将来性は?【新しい技術への対応は必要】

 

上述した通り、インフラエンジニアの需要はなくなりません。

 

じゃあ、このまま何もせず淡々と仕事をこなしていけば良いかというと、そうではないんですよね。

 

ITインフラはオンプレミスからクラウドに移行

 

技術の移り変わりが早いIT業界においては、常に新しい技術をキャッチアップしていく必要があります。それはインフラエンジニアも同様です。

 

特に今、ITインフラは大きな変革期を迎えています。オンプレミスからクラウドへの移行です。

 

従来のITインフラはサーバー機器を自社で保有・運用するオンプレミスが一般的でしたが、今多くの企業ではそれをクラウドに移行し始めています。

 

実際に、クラウドインフラ市場は2016年と比較しても市場規模が5倍以上と急成長しています。

クラウドインフラ市場規模推移

引用元:Synergy Research Group  

 

オンプレミスからクラウドに移行することでインフラの構築から運用まですべてをクラウド上で完結でき、企業は管理コストを大幅に削減できるようになるんですよね。なので、この流れは今後も間違いなく加速していきます。

 

つまり、「クラウドを扱えるエンジニアの需要が高まっていく」ということですね。

 

将来性のあるインフラエンジニアになるために習得すべきスキル

将来性のあるインフラエンジニアになるために習得すべきスキル

 

では、将来のあるインフラエンジニアになるためにどういったスキルを習得すれば良いかというと次の2つです。

  • クラウドを扱えるスキル
  • プログラミングスキル

 

それぞれ解説していきます。

 

クラウドを扱えるスキル

 

まずクラウドを扱えるスキルです。これは上述した通り、クラウドへの移行が進んでいるので間違いなく身につけるべきスキルです。

 

クラウドを学ぶならAWSがオススメ

 

複数あるクラウドインフラの中でインフラエンジニアが学ぶならAWS(Amazon Web Service)がオススメです。

 

なぜなら、クラウドインフラ市場でAWSが最もシェアが高く、導入している企業が多いからです。

クラウドサービス市場のシェア比率

引用元:Synergy Research Group 

 

この通り、AWSはクラウドインフラ市場で30%もの圧倒的シェアを誇っています。

 

MicrosoftやGoogleと比較すると、そのシェアの高さがどれほどすごいことか分かるかと思います

 

なので、クラウドを学ぶならAWSがオススメですよ。

 

AWSを習得するならRaiseTech一択

 

そして、AWSを効率的かつ確実に習得するならRaiseTech一択です。

 

なぜなら、RaiseTechは数あるITスクールの中で唯一AWSを専門で学ぶことができるスクールだからです。

 

ITスクールは数え切れない程ありますが、新しい技術のAWSを取り入れているのはRaiseTechだけです。

 

というのも、AWSを扱えるエンジニアはまだまだ少なく、スクールが講師を確保するのが難しいんですよね。

 

その点、RaiseTechは講師が全員現役のAWSエンジニアで、しかも月80万円以上を稼ぐ第一線で活躍しているエンジニアです。

 

最新技術のAWSをこれほどレベルの高い講師から学べる環境は他にはないですね。

 

RaiseTechについて詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!

 

プログラミングスキル

 

インフラエンジニアが習得すべき2つ目のスキルはプログラミングスキルです。

 

なぜプログラミングスキルなのかというと、フルスタックエンジニアの需要が高まっているからです。

 

フルスタックエンジニアとはインフラ構築からアプリ開発まですべての開発工程を一人で行えるエンジニアのことですね。

 

IT業界全体としてエンジニアが不足していることは周知の事実かと思いますが、フルスタックエンジニアの場合は特に深刻です。

 

なぜなら、フルスタックエンジニアの絶対数が少ない一方、企業からの需要が高いからですね。

 

幅広いスキルを持つフルスタックエンジニアはあらゆる業務を任せられるので、企業としては喉から手が出るほど欲しい人材です。

 

なので、プログラミングスキルを身につけてフルスタックエンジニアになれば、間違いなく将来性は高いですよ。

 

インフラエンジニアはどの言語を学べばよいか?

 

では、具体的にどの言語を学べばよいかというと、RubyとPythonです。

 

詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

 

まとめ:将来性のあるインフラエンジニアになるならクラウドとプログラミングを習得すべし

まとめ:将来性のあるインフラエンジニアになるならクラウドとプログラミングを習得すべし

 

以上の通り、インフラエンジニアは底堅い需要があり仕事には困らない職種ですが、それでも今後も長期的に今の収入を維持したり、収入UPをしていきたいなら、新しいスキルを習得する必要があります。

 

そして、繰り返しになりますが、インフラエンジニアが習得すべきスキルは以下の2つです。

  • クラウドを扱えるスキル(AWSがオススメ)
  • プログラミングスキル(RubyとPythonがオススメ)

 

将来の安定した生活を手に入れるためにも、今のうちから身につけておくことをオススメします。IT業界の流れは速いですからね。

 

思い立った今、ぜひ行動に移してみてください。

 

AWSを習得してクラウドエンジニアになりたい方

関連記事
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!
【受講者の評判あり】RaiseTechを現役エンジニアが徹底解説!

 

プログラミングスキルを習得してフルスタックエンジニアになりたい方

関連記事
インフラエンジニアが学ぶべきプログラミング言語2選|学ぶメリットも解説
インフラエンジニアが学ぶべきプログラミング言語2選|学ぶメリットも解説

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-エンジニア転職, レベルアップ転職

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.