プログラマーになるのに年齢は関係あるのか?【30代転職者が解説】

プログラマーになるのに年齢は関係あるのか?【30代転職者が解説】
悩んでいる人
・プログラマーになりたいけど、もう30歳超えてるし無理なのかな?

・プログラマーになるのに年齢は関係あるの?

 

こんな悩みを解決できます。

 

先に結論を言うと、プログラマーになるのに年齢は関係あります。

 

ただ、今30代の方でも未経験からプログラマーになることは十分可能です。実際、僕自身も30代未経験からプログラマーに転職しました。

 

なので、20代後半や30代で、これからプログラマーを目指す方に役立つ情報を提供できるかなと思います。

 

この記事では、プログラマーになるのに年齢が関係ある理由や、それでも今なら20代後半・30代でもプログラマーになれる理由、20代後半・30代から最速かつ確実にプログラマーになる方法を解説します

 

この記事を読み終えると、年齢が高くてもプログラマーになれる理由が分かり、20代後半・30代から最速かつ確実にプログラマーになる方法も分かりますよ

 

ぜひ読み進めてみてください。

 

プログラマーになるのに年齢が関係ある理由

プログラマーになるのに年齢が関係ある理由

 

それは、企業側から見ると、プログラマー未経験者を採用するならやはり年齢が若い方が良いからです。

 

同じスキル、同じ経歴なら年齢が若い人を企業は採用する

 

例えば、プログラマー未経験で似たような経歴を持った24歳の人と30歳の人がいたとします。

 

そしたら、30歳の人に何か特別秀でた点がない限りは、企業はほぼ100%の確率で24歳の人を採用します。

 

なぜなら、24歳の若い人の方が後の成長を期待できるからです。

 

未経験で即戦力でない場合は、企業は今後の成長を期待して採用するしかなく、そうすると必然的に年齢が若い人を採用することになるのです。

 

今なら20代後半・30代でもプログラマーになれる!

今なら20代後半・30代でもプログラマーになれる!

 

確かに、年齢が上げるにつれてプログラマー転職に不利になるのは事実です。

 

しかし、今なら年齢が高くてもプログラマーになることは十分可能です

 

なぜなら、以下の理由があるからです。

 

20代後半・30代でもプログラマーになれる理由

理由1:今はプログラマーの売り手市場だから

理由2:実際に多くの20代後半・30代の人が未経験からプログラマーに転職できているから

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

理由1:今はプログラマーの売り手市場だから

 

まず1つ目の理由は、今はプログラマーの売り手市場だからです。

 

こちらの図を見てください。

IT業界プログラマー不足

引用元:平成31年 経済産業省 IT人材需給に関する調査(概要)

 

経済産業省が発表した資料によると、現在既に10万以上のプログラマーが不足しており、今後10年で最大79万人まで深刻化するとの試算が出ています。

 

この原因は、IT・Web市場が急速に拡大しているからですね。

 

なので、今はどの企業もプログラマーを確保するのが難しいので、20代後半や30代の未経験者でも積極的に採用してくれる企業が多いのです。

 

理由2:実際に多くの20代後半・30代の人が未経験からプログラマーに転職できているから

 

2つ目の理由は、実際に多くの20代後半・30代の人が未経験からプログラマーに転職できているからです。

 

結局のところ、これが事実なんですよね。

 

僕もそうですが、僕の周りでも20代後半や30代からプログラマーに転職している人は本当にたくさんいます。

 

年齢が上げるにつれて転職のハードルが上がるのは事実ですが、それでもやり方さえ間違えなければ30代でも十分転職できますよ。

 

プログラマー転職するなら少しでも早い方が良い

 

年齢が高くてもプログラマーになれると言いましたが、年齢が高くなるにつれて転職に不利になる事実は変わりません。

 

なので、プログラマーに転職するなら少しでも早い方が良いです。

 

そこで、以下では未経験から最速かつ確実にプログラマーになる方法を解説します。

 

20代後半・30代から最速かつ確実にプログラマーになる方法

20代後半・30代から最速かつ確実にプログラマーになる方法

 

それは、次の方法です。

 

転職サポート付きのプログラミングスクールを活用する

 

これです。転職サポート付きのプログラミングスクールを活用する方法です。

 

プログラミングスクールを使えば、プログラミングの基礎からプログラマー転職できるレベルまでのスキルを効率的に習得できます。

 

プログラミングは多くのエラーに対処していく必要がありますが、それを独学でやると多くの時間と労力を消費してしまいます。

 

しかし、スクールを活用すれば、プロの講師に質問し放題なので、エラーでつまずいてもすぐに解決でき、時間と労力をかけずにスキルを身に付けられますよ。

 

また、「転職サポート付き」というのがポイントです。

 

転職サポート付きのスクールでは、カリキュラム修了後に、スクール独自のルートで企業を斡旋してもらえます。

 

未経験からのプログラマー転職では自力で優良企業に転職するのはかなり厳しいので、スクールの転職サポートは未経験からの転職には必須ですよ。

 

どのプログラミングスクールを選べば良いか?

 

転職サポート付きのプログラミングスクールと言っても非常にたくさんあるので、どのスクールを選べば良いか迷ってしまうと思います。

 

そこで、こちらの記事でオススメの転職サポート付きプログラミングスクールを解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】

 

僕が未経験からプログラマーに転職する際に、実際に使用したスクールも解説していますよ。

 

まとめ:年齢が高くてもプログラマーになることは十分可能!

まとめ:年齢が高くてもプログラマーになることは十分可能!

 

今回は、プログラマーになるのに年齢が関係ある理由や、それでも今なら20代後半・30代でもプログラマーになれる理由、20代後半・30代から最速かつ確実にプログラマーになる方法を解説しました。

 

プログラマーになると、収入UPや働き方の自由度が大きくなったりと、見える世界が大きく広がります。

 

僕も30代未経験からの転職に最初は大きな不安がありましたが、あのとき思い切って決断して本当に良かったです。

 

なので、今20代後半や30代でプログラマー転職するか迷っている方は、ぜひ勇気を出して1歩踏み出してみてください

 

関連記事
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-エンジニア転職, 20代後半/30代からのエンジニア転職

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.