プログラミングの習得期間(時間)ってどれくらい?【学習法も解説】

プログラミングの習得期間(時間)ってどれくらい?【学習法も解説】
悩んでいる人
・プログラミングを勉強しようと思うんだけど、習得までどれくらいかかるのかな?

・エンジニア就職できるレベルのプログラミング習得期間が知りたい!

 

こんな悩みを解決できます。

 

先に結論から言うと、エンジニア就職できるレベルで約200時間の学習期間(時間)が必要と言われています。

 

もちろん目指すレベルや学習方法によって多少変わってきますが、一つの目安としてこれくらいの時間が必要です

 

ただ200時間と聞いても日々どれくらい学習すればイメージしにくいと思います。

 

そこで、この記事では、プログラミング習得までの具体的な時間と最速でプログラミングを習得してエンジニアになる方法を解説します

 

この記事を読み終えると、プログラミング学習の全体像がイメージでき、プログラミング学習のゴールを明確にできますよ

 

ぜひ読み進めてみてください。

 

プログラミングの習得期間(時間)は200時間

プログラミングの習得期間(時間)は200時間

 

繰り返しになりますが、プログラミングの習得期間(時間)はエンジニア就職できるレベルで約200時間です。

 

ちなみに、この200時間という数字はプログラミングスクールを活用した場合の話です。

 

独学だと倍の400時間はかかる

 

この通り、独学だと倍の400時間はかかります。

 

なぜ独学だとこれほどまでに時間がかかるのか?

 

もちろん、スクールの方が学習教材の質が高いので効率的に学べるということもありますが、1番はエラー解決にかかる時間の差です

 

プログラミングを始めてみると分かりますが、最初はエラーが頻発します。そして、そのエラー解決に多くの時間がかかってしまうんですね

 

「1つのエラーを解決するだけで半日潰れた…」なんてことはザラにあります。

 

その点、スクールであればプロの講師に質問してすぐに解決できるので、約半分の学習期間で済むという訳ですね。

 

1日の学習時間は?

 

スクールに通った場合で200時間、独学で400時間と言われてもパッとイメージしにくいと思います。

 

そこで1日あたりの学習時間に換算して考えてみましょう。

 

スクールに通った場合

  • 1時間/日の勉強 → 200日(約6.7ヶ月)
  • 3時間/日の勉強 → 67日(約2.2ヶ月)
  • 8時間/日の勉強 → 25日(約0.9ヶ月)
 

 

こんなイメージですね。思ったより短く感じたのではないでしょうか?

 

独学の場合

  • 1時間/日の勉強 → 400日(約1年1ヶ月)
  • 3時間/日の勉強 → 133日(約4.4ヶ月)
  • 8時間/日の勉強 → 50日(約1.7ヶ月)
 

 

毎日3時間の学習をしても4.4ヶ月もかかります。

 

しかも、サラリーマンの方だと毎日仕事終わりに3時間勉強するのはかなりハードですよね。

 

サラリーマンでスクールに通った場合

 

もっと現実的に、サラリーマンで平日2時間、休日8時間、スクールに通って学習した場合だと、

  • 平日2時間、休日8時間 → 約2ヶ月
 

 

実際、多くのプログラミングスクールでは働きながら通うことを想定しているので、学習期間はだいたい2〜3ヶ月に設定されています。

 

どうでしょうか?2ヶ月ならなんとか頑張れそうですよね

 

プログラミングを習得してエンジニアに転職することを考えている方には、朗報かと思います。

 

プログラミング習得には実務経験を積むのが最速!

プログラミング習得には実務経験を積むのが最速!

 

繰り返しになりますが、エンジニアに就職できるレベルのプログラミングスキルであれば、200時間で習得できます。

 

しかし、もっと長期的に考えて実務レベルのスキルを身に付けるなら、結局のところ、現場に入って実務経験を積むのが最速です。

 

なぜなら、実務レベルのスキルは現場に入らないと身に付けられないからですね。

 

例えば、サッカーでいくら基礎練習を繰り返しても試合に出て活躍することはできませんよね?

 

これと同じで、エンジニアも現場で通用するスキルを身に付けるには、現場に入って学ぶのが最も効率的なんです

 

そういった意味で、エンジニア転職に必要なスキルはサクッと習得して、次のステップに進むようにしましょう。

 

プログラミングを最速で習得してエンジニアになる方法

プログラミングを最速で習得してエンジニアになる方法

 

エンジニア転職に必要なプログラミングスキルを最速で習得する方法は以下の通りです。

 

転職サポート付きのプログラミングスクールに通う

 

これです。エンジニア転職に必要なプログラミングを習得するなら、プログラミングスクールに通うのが最速です。

 

あまり基礎学習に時間をかけないためにも、独学ではなく、スクールを選択しましょう。

 

「転職サポート付き」がポイント!

 

またエンジニアへの転職を目指すなら、必ず「転職サポート付き」のスクールを選ぶようにしましょう。

 

なぜなら、未経験でもスクールの転職サポートがあれば優良企業に転職しやすいからです。

 

逆に、転職サポートなしで自力で優良企業に転職するのはかなりハードルが高いので、未経験からエンジニアになるなら転職サポートは必須と言えますね。

 

オススメの転職サポート付きプログラミングスクール

 

転職サポート付きのプログラミングスクールと言っても、たくさんありすぎてどれを選べば良いか分からない人も多いと思います。

 

そこで、こちらの記事で本当にオススメできる転職サポート付きのスクールを5社に厳選して解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

結局、スクールを使った方が独学よりもお得な話

 

「プログラミングスクールに通いたいけどお金がもったいないな…独学でやろうかな…」という方。

 

実は独学よりもプログラミングスクールを使った方が結果的にお得なんです。

 

確かに独学でやれば短期的にはお金をかけずにできるので、お得だと思いますよね。

 

でもよく考えてみてください。

 

転職サポート付きのスクールを使えば、優良企業に高確率で転職できて、しかも独学よりも圧倒的に早く稼げるようになります。

 

そうすれば、スクールにかかる費用なんて一瞬で回収できるんですよね

 

だから、長期的に見るとプログラミングスクールに通った方がお得なんです

 

しかも、今は無料のプログラミングスクールまでありますからね。

 

ぜひ短期目線でなく、長期目線でお得な方法を選択をしてみてください。

 

まとめ:プログラミングスクールを活用して最速でプログラミングを習得しよう!

まとめ:プログラミングスクールを活用して最速でプログラミングを習得しよう!

 

今回は、プログラミング習得までの具体的な時間と最速でプログラミングを習得する方法を解説しました。

 

繰り返しになりますが、実務レベルのプログラミングスキルを身に付けるにはいち早く現場に入って実務経験を積むのが最速です。

 

そのためにも基礎段階の学習はスクールを活用してサクッと終わらせてしまいましょう。

関連記事
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】
就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが厳選】

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-プログラミング学習前の悩み, プログラミング学習

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.