Swiftが学べるプログラミングスクール3選【現役エンジニアが厳選】

Swiftが学べるプログラミングスクール3選【現役エンジニアが厳選】

今すぐ登録したい方へ

この記事から登録の多い人気スクールはこちら👇(リンクから公式サイトへ飛べます)

人気No.1 侍エンジニア塾【ポートフォリオでアピールして転職したい方】

人気No.2 テックアカデミー【副業・フリーランス目的で安さと質を両立したい方】

人気No.3 CodeCamp【副業・フリーランス目的でレッスン形式で学びたい方】

 

悩んでいる人
・Swiftを学びたいんだけど、どのプログラミングスクールを選べば良いんだろう…

・Swiftが学べるオススメのプログラミングスクールが知りたい!

 

こんな悩みを解決できます。

 

「Swift」は主にApple製品アプリを開発できるプログラミング言語です。

 

なので、iPhoneやMacなどのApple製品のアプリを開発したい人はSwiftを学ぶのがオススメです。

 

また、Swiftはシンプルにコードが書けるように開発されたモダンな言語なので、初心者でも理解しやすいです。

 

ただ、初心者がSwiftを学ぶ際に1点注意すべきことがあります。それは文献が少ないのでエラー解決で苦労することです。

 

Swiftは2014年に公開されたばかりの歴史の浅い言語なので、文献自体まだまだ少なく、特に日本語の文献は他の言語に比べると圧倒的に少ないです。

 

なので、プログラミング初心者がSwiftを学ぶ際は、プログラミングスクールを活用するのがオススメです。

 

プログラミングスクールを使えば、エラーでつまずいてもすぐに解決できますからね。

 

そこで、この記事では、Swiftを学べるオススメのプログラミングスクールを3社に厳選して解説します。Swiftを学ぶメリットやデメリットについても解説しますよ。

 

この記事を読み終えると、Swiftを学べるオススメのプログラミングスクールが分かり、もうスクール選びに苦労することはありませんよ。

 

ぜひ読み進めてみてください。

 

Swiftが学べるオススメのプログラミングスクール【比較表】

プログラミングスクール コース 料金(税別) 受講期間 受講形式
侍エンジニア塾ロゴ公式ページを見る エキスパート 入学金 2.98万円

受講料 38.9万円
最短12週間
(3ヶ月間)
教室
or
オンライン
テックアカデミーロゴ公式ページを見る iPhone
アプリ
14.9万円 最短4週間
(1ヶ月間)
オンライン
CodeCampロゴ公式ページを見る アプリ
マスター
入学金 3万円

受講料 14.8万円
最短2ヶ月間 オンライン

 

Swiftを学ぶメリット

Swiftを学ぶメリット

 

Swiftを学ぶとどんなメリットがあるのか、それは次の通りです。

  • 初心者でも扱いやすく習得難易度が低い
  • 将来的な安定を手にできる
  • 市場価値の高いエンジニアになれる

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

初心者でも扱いやすく習得難易度が低い

 

Swiftは初心者でも扱いやすく習得難易度が低いです。

 

というのも、Swiftは読みやすく、また書きやすいようにコードがシンプルな設計になっています。

 

しかも、SwiftはXcodeという統合開発環境をインストールすればすぐに開発できるので環境構築の手間がほぼかからない、という点でも初心者が学びやすい言語と言えます。

 

なので、これまでプログラミングを触ったことがない方が初めての言語としてSwiftを選ぶのも十分アリな選択ですね。

 

将来的な安定を手にできる

 

またSwiftを習得すると、将来的な安定も手に入れられます。

 

なぜなら、Apple製品が無くならない限り需要がある言語だからです。

 

Appleは時価総額が世界1位、つまり世界最大の企業です。

 

このAppleが無くならない限りApple製品アプリの需要はあり続けるので、Swiftは長期的な需要が見込める言語と言えますね。

 

市場価値の高いエンジニアになれる

 

さらに、Swiftを習得すると市場価値の高いエンジニアになれます。

 

なぜなら、Apple製品の需要は高いのに、Swiftを扱えるエンジニアがまだまだ少ないからです。

 

冒頭でも述べた通り、Swiftは公開されて間もない言語なので、Swiftを習得しているエンジニアが少ないです。

 

実際に市場価値がどれだけ高いかは、フリーランス案件の単価を見れば分かります。

 

例えば、平均単価で見ると月当たり77.6万円、最高単価では130万円とかなり高額な報酬単価になっています。

 

なので、Swiftは市場価値の高いエンジニアになって高収入を獲得したい方にもオススメの言語ですよ。

 

Swiftを学ぶデメリット

Swiftを学ぶデメリット

 

では、逆にSwiftを学ぶデメリットはどういった点があるかというと、次の通りです。

  • 日本語の文献が少ない
  • Apple製品アプリ開発に特化している

 

それぞれ解説していきます。

 

日本語の文献が少ない

 

冒頭でも述べた通り、Swiftは日本語の文献が少ないです。

 

Swiftは公開されてからまだ5, 6年程しか経っていないので、文献自体まだまだ少ないんですね。日本語の文献となるとさらに少ないです。

 

この点に関してはやはり初心者が学ぶ際の一つの大きなハードルになるので、そこはプログラミングスクールなどを上手く使って、質問できる環境下で学んでいくのがオススメですよ。

 

Apple製品アプリ開発に特化している

 

SwiftはiPhoneやMac、AppleWatchなどAppple製品全般のアプリ開発ができますが、それ以外のWebサービス開発などにはあまり使われていません。

 

Webサービス開発の自体は可能ですが、RubyやPHP、Javaなどを使って開発するのが一般的ですからね。

 

なので、Webサービス開発をしたい方は他の言語を習得したほうが良いですね。

 

とはいえ、Swiftを学びたい方は、Apple製品アプリの開発をやりたい方が多いと思うので、あまりデメリットではないかもしれませんね。

 

Swiftが学べるオススメのプログラミングスクール3選

Swiftが学べるオススメのプログラミングスクール4選

 

ここからは、Swiftを学べるオススメのプログラミングスクールを3社に厳選して解説します。

 

Swiftを学べるスクール自体は数多くありますが、他の言語に比べてスクールの質の良し悪しはかなりバラツキがあります。

 

なので、これから紹介するスクールを参考に選んでみてください。

 

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

料金・期間 エキスパートコース:入学金2.98万円+受講料2.98万円 / 3ヶ月間
学べる言語 Swift
受講形式 教室orオンライン

 

侍エンジニア塾は、過去2万人以上の受講生を輩出している大手プログラミングスクールです。

 

現役エンジニアの専属講師からマンツーマンで学べる

 

侍エンジニア塾の最大の特徴は、現役エンジニアの専属講師からマンツーマンで学べる点です。

 

スクールによっては講師が学生である場合もありますが、侍エンジニア塾の講師は全員現役のエンジニアなので、実際に現場で使われている最新の技術を直接学ぶことができます

 

現役エンジニアに限定されていると、講師の質のバラツキもなく安心ですよ

 

また専属講師とマンツーマンなので、つまずいたときにすぐに質問ができ、回答待ちが発生することもありません。

 

さらに、質問もし放題なので、現役エンジニアによるコードレビューを何度も受けることができ、独学と比べると圧倒的に早くスキルアップができますよ。

 

オリジナルポートフォリオを制作できる

 

侍エンジニア塾のもう一つの特徴として、オリジナルポートフォリオに力を入れている点があります。

 

他のスクールでは、オリジナルポートフォリオに割く時間が少なかったり、そもそもオリジナルポートフォリオは指導対象外になっていたりします。

 

その点、侍エンジニア塾ではオリジナルポートフォリオの制作にカリキュラムの50%もの時間を割いています

侍エンジニア塾ポートフォリオ

引用元:侍エンジニア塾

 

オリジナルポートフォリオがあると就職活動や転職活動で大きくアピールできるので、それをカリキュラムの中で作れるのは大きなポイントですね。

 

侍エンジニア塾ではスクールの中では数少ない無料体験レッスンを受けれるので、ぜひ申し込んでみてください。無料体験レッスンはオンラインで気軽に受けれますよ。

 

侍エンジニア塾の無料体験レッスンに申し込む

 

関連記事
【受講者の評判あり】侍エンジニア塾を現役エンジニアが徹底解説!
【受講者の評判あり】侍エンジニア塾を現役エンジニアが徹底解説!

 

テックアカデミー

テックアカデミー

料金・期間 iPhoneアプリコース 4週間プラン:14.9万円 / 4週間(1ヶ月間)
学べる言語 Swift
受講形式 オンライン

 

テックアカデミーは、過去3万人以上の受講生を輩出している、国内最大規模のプログラミングスクールです。

 

充実したオンライン学習サポートで初心者でも安心して学べる

 

テックアカデミーの最大の強みは、充実したオンライン学習サポートで実践レベルのスキルを習得できる点です。

 

具体的には、チャットでのテキスト質問に加えて、ビデオチャットで講師に直接質問できるなど、実践レベルのスキルを身に付けるための学習サポートが充実しています

 

またカリキュラム終了後に希望すればテックアカデミー卒業生限定の転職先を紹介してもらうことも可能なので、エンジニアを目指している方にもオススメですよ。

 

講師は全員、現役のエンジニア

 

またテックアカデミーの講師は全員が現役のエンジニアですなので、講師の質にバラツキが少なく安心ですよ

 

その上、質問もし放題なので、現役エンジニアからのコードレビューを何度も受けることができますよ。

 

4つのアプリ制作で実践的スキルを習得できる

 

テックアカデミーのiPhoneアプリコースでは以下の4つのアプリを制作できます。

  • 横スクロール型アクションゲームアプリ
  • タスク管理アプリ
  • Instagramクローンアプリ
  • オリジナルアプリ

 

決まったアプリだけでなく、オリジナルのアプリも開発できるのは大きなポイントですよエンジニア転職する際に企業にアピールできますからね。

 

テックアカデミーは元々料金が安く設定されていますが、先割やトモ割などの割引を上手く使えばさらにお得に受講できますよ。割引についてはこちらのリンク先で詳しく載っているので参考にしてみてください。

 

テックアカデミーのiPhoneアプリコースに申し込む

 

CodeCamp

CodeCamp

料金・期間 入学金3万円+受講料14.8万円 / 2ヶ月間
学べる言語 Swift
受講形式 オンライン

 

CodeCampは、過去2万人以上の受講生を輩出している大手プログラミングスクールです。

 

レッスン受付時間が長く、仕事と両立しやすい

 

先程紹介した侍エンジニア塾とテックアカデミーは基本的に自分で学習を進めていくスタイルであるのに対して、CodeCampは1回40分のレッスン形式で講師とマンツーマンで学習を進めていきます。

 

マンツーマンレッスンはその場ですぐに講師に質問ができる一方で、レッスン時間の融通がきかないことがデメリットなのですが、CodeCampはレッスン受付時間が毎日7:00〜23:40と他のスクールと比べてかなり長いです

 

なので、忙しい社会人でも仕事と両立しながらプログラミングを学ぶことができますよ。

 

さらに、1日のレッスンの回数制限もないので、土日にまとめて受講するなど自分のペースで学習を進められるのも嬉しいポイントです。

 

レッスン毎に自分の好きな講師を選べる

 

またCodeCampでは、レッスン毎に自分で好きな講師を選んで受講できます。

 

他のスクールだと講師を自分で選ぶことはできないので、相性が合わなかったとしても講師を変更してもらうことはできません。

 

その点、CodeCampであれば、250名を超える講師の中から自分の好きな講師を選んで受講できるので、相性が合わないといった心配もいりませんよ

 

さらに、CodeCampの講師も全員現役のエンジニアなので、講師の質にバラツキもなく、最新技術を直接学ぶことができます

 

講師の中にはメルカリで実際に働いている方もいるほどなので、講師陣のレベルはかなり高いですよ。

 

Swiftだけでなく、Javaを使ったAndroidアプリ開発も学べる

 

CodeCampのアプリマスターコースでは、SwiftをつかったiOSアプリ開発だけでなく、Androidアプリ開発も同時に学ぶことができます。

 

今はSwiftに興味があるけどJavaを使ったAndroidアプリ開発もやってみたい、という方にはピッタリのコースです。

 

CodeCampでは、無料体験に参加すると受講料が1万円引きになる割引クーポンがもらえますよ。なので、受講するか迷っている方はとりあえず無料体験だけでも受けておくことをオススメします。

 

無料体験もオンラインで完結するので、気軽に受けられますよ。ぜひ参加してみてください。

 

CodeCampの無料体験に申し込む

 

最終的にどうやって選べば良いか?

 

今回紹介した3社のうちどれを選ぶかは、無料カウンセリングを受けて比較してから決めると良いですよ。

 

なぜなら、最終的には話してみないと本当に自分に合っているか分からないからですね。

 

僕もスクールを選ぶ際に2, 3社の無料カウンセリングを受けて話を聞いてから決めましたよ。

 

実際に話を聞いてみると、ネットでは得られない生の情報も聞けたりしますからね

 

今回紹介したスクールはどれも質の高さは保証できるので、あとは実際に話を聞いて自分に一番合っていると思ったスクールを選べばOKですよ。

 

まとめ:プログラミングスクールを上手く活用してSwiftを確実に習得しよう!

まとめ:プログラミングスクールを上手く活用してSwiftを確実に習得しよう!

 

今回は、Swiftを学べるオススメのプログラミングスクールを3社に厳選して解説しました。

 

Swiftを学ぶと自分の好きなアプリを作れるだけでなく、自由度の高い働き方ができたり、高収入を得られたりと多くのメリットを享受できます。

 

僕自身もスクールに通ってエンジニアになりましたが、あのとき思い切って決断して本当に良かったです。

 

今Swiftを学ぼうか迷っている方も、ぜひ思い切って1歩踏み出してみてください。これまで見えていなかった世界が見えてきますよ。

 

今回紹介したSwiftが学べるプログラミングスクール

1. 侍エンジニア塾ポートフォリオでアピールして転職したい方にオススメ

2. テックアカデミー副業・フリーランス目的で安さと質を両立したい方にオススメ

3. CodeCamp副業・フリーランス目的でレッスン形式で学びたいにオススメ

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-プログラミングスクール, 【言語別】プログラミングスクール

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.