プログラミングに才能は必要ない!【現役プログラマーが理由を解説】

プログラミングに才能は必要ない!【現役プログラマーが理由を解説】
悩んでいる人
・プログラミングやってみたいけど、自分にできるか不安…

・プログラミングって才能が必要なのかな…

 

こんな悩みを解決できます。

 

先に結論を言うと、プログラミングに才能は必要ありません。

 

プログラミングをやったことがない人からすると「プログラミングって真っ黒な画面に英語や記号が並んでいて難しそう…」「特別な才能がないとできないだろうな…」と思うかもしれません。

 

僕自身もプログラミングを始める前はそう思っていました。

 

でも実際やってみるとそこまで難しくないんですよね。特別な才能なんてまったく必要ないです。

 

なので、「自分には才能がないから無理だ…」とやる前から諦めてしまうのは本当にもったいないですよ。ぜひチャレンジしてみてください!

 

この記事では、プログラミングに才能が必要ない理由やプログラミングに向いている人・向いていない人の特徴を解説します。

 

この記事を読み終えると、プログラミングに才能が必要ないことが分かり、自分に才能がないと思っている方でも自信をもってプログラミング学習をスタートできますよ。

 

ぜひ読み進めてみてください。

 

プログラミングに才能は必要ない理由

プログラミングに才能は必要ない理由

 

冒頭で述べた通り、プログラミングに才能は必要ありません。 理由は次の通りです。

 

才能の有無にかかわらず、多くの人がプログラミングで稼いでいるから

 

この通り、実際多くの人がプログラミングで稼いでいるからですね。

 

国内だけでも100万人以上がITエンジニアとして働いています。

 

この100万人全員がプログラミングの才能があるかと言ったら、そうではないですよね。

 

プログラミングに才能が必要かどうかは目指すレベルによって変わってきます。分かりやすいイメージとしては次の通りです。

 

プログラミングスキル到達可能レベル

 

GAFAで働けるレベルや企業のCTOのレベルを目指すのであれば、多少才能が必要になってきますが、一般企業やフリーランスとして働くレベルであれば才能など必要なく誰でもなれますよ。

 

この記事を呼んでいる方の多くは、エンジニアへの転職やフリーランスを目指していると思います。

 

なので、プログラミングに才能は必要ありません。

 

今はプログラミングを習得しやすい環境が整っている

 

しかも、今は昔と違ってプログラミングを習得しやすい環境が整っています。

 

5, 6年程前までは大学や専門学校で学ぶか、本で独学するしか方法がありませんでした。大学や専門学校となると、金銭的にも時間的にもハードルが高くなりますよね。

 

一方で、独学だと習得できず挫折してしまう人が大半です。実際、プログラミング初心者の挫折率は90%とも言われています。

 

でも今は違います。

 

プログラミングを楽しく学べるオンライン学習サイトや効率的にプログラミングを学べるプログラミングスクールなど、未経験からプログラミングを習得する方法がたくさんあります。

 

なので、これらを上手く活用すれば、プログラミングの才能の有無にかかわらずプログラミングを習得できますよ。

 

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容

 

実際にプログラマーを目指す前に、まずプログラマーがどういう仕事なのか知らない方のために、簡単に解説します。

 

プログラマーとは、クライアントから提示された仕様書や要件定義に従ってプログラムを書く仕事です。

 

その後、作成したプログラムの動作確認をして問題なければ、クライアントに納品します。

 

そして、納品した後も、運用・保守を行ったり、クライアントの要望に応じて追加機能を実装したりしていきます。

 

これがプログラマーの仕事の大きな流れとなります。

 

プログラミングが向いている人

プログラミングが向いている人

 

これからプログラミングを学ぶにあたって、どういった人がプログラミングに向いているのか気になると思います。

 

ここでは、プログラミングに向いている人の特徴を2つ解説します。

 

多少の困難があっても諦めず継続できる人

 

これがプログラミングを学ぶ上で最も大切です。

 

プログラミングは才能ではなく、継続できる人こそが習得できます。

 

なぜなら、プログラミングを始めた当初は多くのエラーに対処する必要があり、それを乗り越えられずに多くの人が挫折してしまうからです。

 

先程も述べたとおり、プログラミングの挫折率は90%です。

 

この最初の大きな壁を乗り越えられるかがプログラミング習得のキーポイントになります。

 

なので、才能があるかどうかではなく、「継続できる人」がプログラミングに向いていると言えます

 

何か作ることが好きな人

 

またプログラマーはプログラムを書いて、Webアプリやシステムを開発する仕事です。

 

なので、モノづくりが好きな人には向いている仕事と言えます。

 

プログラミング学習の最初の頃は、ログイン機能やいいね機能などを実装して動いただけで楽しさを感じれると思います。

 

そして、これは実際に経験しないと分かりませんが、プログラマーになって自分が携わったサービスが世の中にリリースされたときの喜びは計り知れないほど大きいですよ。

 

プログラミングが向いていない人

プログラミングが向いていない人

 

逆に、次の特徴がある人はプログラミングに向いていないと言えます。

 

自ら積極的に学ぼうとしない人

 

なぜなら、プログラマーは自分で調べながらプログラムを書いていくことがほとんどだからです。

 

知らないことはすべて教えてもらわないとできない、という受け身の姿勢だとプログラマーとしてやっていくのは正直かなり厳しいですね。

 

またプログラマーは次々出てくる新しい技術を常にキャッチアップしていく必要があります。

 

なので、自ら学ぶ姿勢がない人は長期的に見ると価値のないプログラマーになってしまう危険性がありますよ。

 

未経験からプログラマーになるには?

未経験からプログラマーになるには?

 

ここまで読んで、プログラミングには才能が必要ないことがお分かり頂けたかと思います。

 

しかし、プログラミング未経験からプログラマーを目指すには具体的にどうすればよいか分からない人も多いと思います。

 

そんな方に向けて、こちらの記事では僕の実体験をもとに未経験からプログラマーになる効率的かつ確実な方法を解説しています。ぜひ参考にしてみてださい。

 

まとめ:プログラミングに才能は必要ない!

まとめ:プログラミングに才能は必要ない!

 

今回は、プログラミングに才能が必要ない理由やプログラミングに向いている人・向いていない人の特徴を解説しました。

 

プログラミングを習得できると、働き方や収入面で大きく可能性が広がります。

 

僕自身、学習を始める前は本当に自分にできるのかとても不安でした。でも、あのとき勇気を出して行動に移して本当によかったです。

 

今プログラミングを始めるか悩んでいる方もまずは行動してみてください。半年後、1年後にきっと良い結果が待っていますよ。

 

関連記事
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-プログラミング学習前の悩み, プログラミング学習

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.