プログラミングにはWindowsよりMacがオススメな5つの理由

プログラミングにはWindowsよりMacがオススメな5つの理由
悩んでいる人
・プログラミングをやりたいんだけど、MacとWindowsどっちを選べば良いんだろう?

・MacとWindowsどっちがオススメなのか知りたい!

 

こんな悩みを解決できます。

 

プログラミングを始めようと思ったときに、まず最初に悩むのがパソコン選びですよね

 

結論から言うと、タイトルにもある通り、プログラミングにはWindowsよりMacがオススメです。

 

では、なぜそのように言えるのか?、詳しくは記事の中で解説していきますね。

 

この記事では、プログラミングにはWindowsよりMacがオススメな理由やプログラミング学習にオススメのMacモデルを解説します。

 

この記事を読み終えると、もうパソコン選びで悩むことはありませんよ。

 

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

MacとWindowsの特徴

MacとWindowsの特徴

 

まず最初にMacとWindowsの特徴を簡単に解説します。

 

Macとは?

 

Macとは、Appleが開発したパソコンの総称です。

 

Macでは、OS(オペレーティングシステム)と呼ばれるパソコンを動かすソフトウェアからパソコンの本体まで、すべてをAppleが開発しています。

 

Macの一番の特徴として、性能もさることながら洗練されたデザインが挙げられます。

 

そのデザイン性の高さからパソコンだけでなく、スマホやイヤホン、時計などをApple製品で揃える人も多いですね。

 

Windowsとは?

 

Windowsとは、Microsoftが開発したOSのことを指します。

 

Windowsのパソコンは、OSはMicrosoftが開発していますが、パソコン本体は各メーカーが製造しています。

 

Windowsの一番の特徴はそのシェアの高さです。

 

世界で見ると、Windowsが87%、macOSが11%、その他が2%とWindowsが圧倒的なシェアを誇っています。

 

IT業界以外では、Office製品の充実などの理由でWindowsを使っている人が多いと思います。

 

プログラミングにはWindowsよりMacがオススメな5つの理由

プログラミングにはWindowsよりMacがオススメな5つの理由

 

繰り返しになりますが、これからプログラミングを学ぼうと思っている方には、断然Macがオススメです。

 

その理由は以下の通りです。

 

プログラミングにはWindowsよりMacがオススメな5つの理由

  • 理由1:デザインがかっこいい
  • 理由2:直感的に操作できる
  • 理由3:持ち運びしやすくバッテリーの持ちが良い
  • 理由4:プログラミングをやりやすい環境が整っている
  • 理由5:いざとなったらMacでもWindowsを動かせる

 

それぞれ解説していきますね。

 

理由1:デザインがかっこいい

 

まずこれですね。Macのデザイン性の高さです。

 

このデザイン性の高さには多くの人が共感するのではないでしょうか。

 

せっかくプログラミングを始めるならモチベーション高く始めたいですよね?

 

性能ももちろん大切ですが、プログラミング学習において高いモチベーションを維持していくためにも、自分が気に入ったデザインのパソコンを選ぶことは意外と大切ですよ。

 

理由2:直感的に操作できる

 

Macは直感的に操作できるように設計されています。

 

直感的に操作できることは、常時パソコンを触っているプログラミングにおいて非常に重要です。

 

実際に触ってみないと分からないかもしれませんが、一度慣れるとその操作性の高さからもう離れられませんよ。

 

実際、僕も15年ほどWindowsのパソコンを使ってきて、エンジニア転職を機にMacに乗り換えましたが、もうWindowsには戻れないです。

 

理由3:持ち運びしやすくバッテリーの持ちが良い

 

Macは重量が軽く持ち運びしやすいです。

 

MacBookAirが約1.3kg、MacBookProが約1.4kgと、同等性能のWindowsパソコンが1.5kg〜2.0kg程度であることを考えるとその軽さが分かるかと思います。

 

たった0.◯kgしか変わらないと思うかもしれませんが、家だけでなく、オフィスやカフェなどの出先でプログラミングをやることを考えると、この差は非常に大きいです。

 

またMacはバッテリーの持ちが良いので、出先でのプログラミング学習にも不便しません。

 

プログラミング学習を進める際に気分転換や集中できる環境を求めて、カフェに行く人は多いと思います。

 

ただ電源まで完備されているカフェってほとんどないんですよね。

 

その点、Macであればバッテリー駆動時間が10時間以上もあるので、出先で電源に困ることもありませんよ。

 

理由4:プログラミングをやりやすい環境が整っている

 

「プログラミングをやりやすい環境」というのには2つのポイントがあります。

  • プログラミングの開発環境が整っている
  • プログラミングを学ぶ上での情報が多い

 

Macではデフォルトでプログラミングの開発環境が整っています。

 

例えば、Web系で人気の高いRubyはデフォルトで入っていますし、各種ライブラリの利用やサーバーの構築も簡単にできます。

 

また、多くのエンジニアがMacを使っているため、プログラミングを学ぶ際に必要な情報が揃っています。

 

プログラミング学習は自分で調べながら進めていくのが中心なので、文献などの情報の多さは非常に重要になってきますよ。

 

理由5:いざとなったらMacでもWindowsを動かせる

 

この通り、MacではWindows環境を構築して動かすことができます。

 

なので、万が一Windows環境が必要になった場合でも新たにパソコンを買い直す必要はないんですね。

 

ちなみに、WindowsパソコンでmacOSを動かすことはできないので、注意が必要ですよ。

 

Macを選ぶ唯一のデメリット

Macを選ぶ唯一のデメリット

 

ここまでWindowsよりもMacがオススメな理由を解説してきましたが、Macを選ぶ際、一つだけデメリットがあります。

 

それは値段が高いことです。一番安いモデルでも10万円以上しますからね。

 

ただプログラミングを習得できると10万円くらいはすぐに稼いで元が取れるので、将来への投資だと思えばそこまで高い金額ではないですよ。

 

プログラミング学習にオススメのMacモデル

プログラミング学習にオススメのMacモデル

 

では具体的にどのモデルを選べば良いか、以下で解説していきます。

 

エンジニアを目指してプログラミングを学習するならMacBookPro一択

 

エンジニアを目指してプログラミングを学習するならMacBookProがオススメです。

 

なぜなら、MacBookProはMacモデルの中でも性能が高く、エンジニア業務を見据えても十分な性能を備えているからです。

 

実際、エンジニアの多くがMacBookProを使用していますよ。

 

MacモデルにはエントリーモデルとしてMacBookAirもあるのですが、それだと業務で使うには少し心もとなく、エンジニアになってから買い換える必要が出てくる可能性があります。

 

なので、少々値段は張りますが、今の段階からMacBookProを購入する方が結果的にお得ですよ

 

エンジニアへの転職を考えている方は、こちらの記事も参考になるのでぜひ見てみてください。

 

まずはプログラミングを学んでみたい方はMacBookAir

 

エンジニアになるかは分からないけどまずはプログラミングを学んでみたいという方にはMacBookAirがオススメです。

 

MacBookAirはMacモデルの中のエントリーモデルという位置づけなので、11万円代から購入できます。

 

エントリーモデルと言っても、一般的なパソコンの中では十分な性能を備えている方なので、性能が足りなくて困ると言ったことはありません。

 

決して安い価格ではありませんが、習得したプログラミングスキルを活かして案件を受注すれば、元は十分取れるので投資する価値は十分ありますよ

 

プログラミングを学んで案件を獲得するまでのロードマップをこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ:Macを購入したら早速プログラミングを始めよう!

まとめ:Macを購入したら早速プログラミングを始めよう!

 

今回は、プログラミングにはWindowsよりMacがオススメな理由やプログラミング学習にオススメのMacモデルを解説しました。

 

プログラミングを習得すると、エンジニアに転職して自由な働き方や高収入を実現できたり、副業で案件を受注できたりと人生の可能性が大きく広がります。

 

僕自身、プログラミングを習得したことによって本当に人生が大きく変わりました。

 

ぜひ皆さんもこれを機会にプログラミングを学んでみてください。

 

まずは一歩踏み出すことが大切ですよ。応援しています。

 

  • プログラミングを習得してエンジニアになりたい方はこちら
関連記事
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】
未経験からプログラマーになるには?【経験者が実体験をもとに解説】
  • まずはプログラミングを学んでみたい方はこちら
関連記事
プログラミングの始め方6ステップ【完全初心者向け】
プログラミングの始め方6ステップ【完全初心者向け】

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-プログラミング学習, プログラミングの始め方

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.