初心者必見!Pythonでできることとは?|現役エンジニアが解説

初心者必見!Pythonでできることとは?【現役エンジニアが解説】
悩んでいる人
・Pythonを習得すると何ができるの?

・Pythonを学ぶメリットって何?

 

こんな悩みを解決します。

 

Pythonは「AI(人工知能)に使われている」ということで、最近大きな注目を浴びています。

 

また、多くの分野で今後さらに需要が高まることから、今からPythonを習得したいと考える人も増えてきています。

 

ただ、Pythonを使うと具体的に何ができるのかよく分からない人も多いと思います。

 

そこで、この記事では、PythonでできることやPythonを学ぶメリット・デメリット、さらにはPythonを効率的かつ確実に習得する方法について解説します

 

この記事を読むと、Pythonでできることが分かり、Pythonを効率的かつ確実に習得する具体的な方法も分かりますよ

 

ぜひ読み進めてみてください。

 

そもそもPythonとは?

そもそもPythonとは?

 

Pythonは1991年に開発された言語です。最近話題になっているので、新しい言語だと思う方も多いかもしれませんが、歴史は意外と長いんですね。

 

また、皆さんご存知の通り、Pythonは近年急速に人気が高まっています

 

実際にGithubで使われている言語を見ても、2019年にはついにJavaを抜いて全言語の中で2位になっています

Github言語ランキング

引用元:Github

 

この流れは今後も長期的に続くと見られおり、今Pythonを身に付けておけば、仕事面で大きな恩恵を受けることができますよ。

 

Pythonでできること

Pythonでできること

 

PythonはAI(人工知能)の開発に使われていることで有名ですが、その他にもたくさんのことができます。

 

具体的には、以下の通りです。

  • AI(人工知能)開発
  • データ処理・分析などの業務効率化
  • Webサービス開発
  • スマホアプリ開発
  • ゲーム開発
  • 組み込みシステム開発

 

それぞれ以下で詳しく解説していきます。

 

AI(人工知能)開発

AI(人工知能)開発

 

最も有名なのが、AI(人工知能)開発です。

 

AIは膨大なデータをロボットに学習させ、それを元に次の予測をすることができます。

 

つまり、人間のように学習し成長していくということですね。

 

AIの方が正確で作業効率も高いことから、今後多くの仕事がAIに取って代わると予測されています。

 

こういった時代の最先端をいくAI開発は今後も長期的に注目を浴びることになるでしょう。

 

データ処理・分析などの業務効率化

データ処理・分析などの業務効率化

 

Pythonを使うと、データ処理やデータ分析を自動化でき、業務の効率化を図ることができます

 

例えば、Webスクレイピングという技術を使えば、Webサイトの情報を取得してデータとしてまとることを自動でやってくれます。

 

人間が手作業でやると膨大な時間と労力が必要になることも、Pythonを使えば、正確かつ高速にやることができます。

 

Webサービス開発

Webサービス開発

 

PythonでWebサービスを開発することもできます

  • YouTube
  • Instagram
  • Dropbox

 

あまり知られていませんが、これらの有名なWebサービスもPythonで作られています。

 

Pythonは、動画や画像などの大容量データも難なく処理できますよ

 

スマホアプリ開発

スマホアプリ開発

 

実はPythonを使ってスマホアプリを作ることもできます

 

SwiftやJavaのようなネイティブ言語に違って使えない機能もありますが、Pythonでも十分な機能を持たせることができますよ。

 

ゲーム開発

ゲーム開発

 

Pythonは、昔ながらの2Dのゲームや最新の3Dのゲームも開発できますよ

 

企業単位での開発は少ないですが、個人開発ではゲーム開発にPythonを使っている人も多いですよ。

 

組み込みシステム開発

組み込みシステム開発

 

使用される頻度は高くはないですが、機械に組み込まれるシステムの開発も行うことができます

 

PythonはC言語処理を呼び出すことができるため、他の組み込み系言語との親和性が高いことも使われる理由の1つです。

 

Pythonを学ぶメリット・デメリット

Pythonを学ぶメリット・デメリット

 

これだけ多くのことができるPythonですが、実際に学ぶとなるとどんなメリットやデメリットがあるのか、以下で解説していきます。

 

Pythonを学ぶメリット

 

就職・転職に強い

 

Pythonは就職や転職に非常に強いです。特にここ数年でその傾向はより高まっています。

 

なぜなら、 AI市場の拡大によってPythonエンジニアの需要が高まっているからです。

 

こちらのデータを見てください。正社員のプログラミング言語別の求人案件割合を示しています。

プログラミング言語別新規求人割合

引用元:レバテック

 

2018年まで10位外だったPythonが3位まで急上昇しています。

 

この需要高まりは今後も続くと見られており、Pythonは就職や転職に強い言語と言えます。

 

年収が高い

 

またPythonエンジニアの年収は他の言語に比べて高いこともメリットです。

 

こちらの表は、プログラミング言語別の年収ランキングを示しています。

プログラミング言語別年収

引用元:BIZREACH

 

Pythonの年収中央値は575万円で全体3位と高いことが分かります。

 

AI市場の拡大に対してPythonエンジニアが不足しているため、このように年収が高くなっているんですね。

 

初心者でも習得しやすい

 

AIと聞くと難しそうなイメージがあり、初心者がいきなりPythonを習得するのは難しいと思う方も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

 

Pythonはコードがシンプルで書きやすいので初心者でも習得しやすい言語です。

 

これは元々Pythonはコードの書きやすさや読みやすさを重視して開発された言語だからですね。

 

またPythonはRubyと同じくインタプリタ言語と呼ばれ、コードを打ちながら書き換えることが可能です

 

なので、間違いにも気付きやすく効率的に学ぶことができますよ。

 

Pythonを学ぶデメリット

 

Rubyに比べて日本語の情報が少ない

 

そこまで大きなデメリットではないですが、PythonはRubyに比べて日本語の情報が少ないです。

 

そもそもRubyが日本発祥の言語のため日本語文献が多いということもありますが、それと比較すると少ないのは事実です。

 

初めてプログラミングを学ぶ際、多くの人がつまずくのがエラー対処です。

 

エラー発生時に文献が少ないとエラー解決できずに多くの時間と労力を消費してしまいます。

 

特にPythonの場合、Rubyと比べると情報量が少ないので、自力で対処するのはなかなか難しいです。

 

じゃあ、Pythonを習得するためにどうすれば良いかというと、次の方法が最も効率的で確実な方法です。

 

Pythonを効率的かつ確実に習得する方法

Pythonを効率的かつ確実に習得する方法

 

それは「プログラミングスクールを活用する」です。

 

プログラミングスクールを使えば、情報量の少ないPythonでも効率的かつ確実に習得できます。

 

ただプログラミングスクールを活用すると言っても、いきなりスクールに通うのではなく、以下の手順で進めるのがオススメですよ

 

ステップ1:Progateでプログラミングの基礎を学ぶ(2週間〜1ヶ月間)

 

まずはProgateでプログラミングの基礎を習得しましょう!Progateは月額980円でプログラミングの基礎を学べるオンライン学習サービスです。

 

なぜProgateからやるのかというと、ゲーム感覚で楽しく学習でき、初心者でも理解しやすいからです。

 

またPythonを実際に触ってみてからスクールに通う方が安心ですからね。

 

参考書でもプログラミングを学ぶことはできますが、コードを書いて実際にプログラムを動かすには環境構築をする必要があり、それ自体に少しハードルがあります。

 

なので、最初はProgateで学習を始めましょう!

 

ステップ2:プログラミングスクールを使って本格的に学ぶ(2〜4ヶ月間)

 

Progateで基礎を学んだら、プログラミングスクールを使って本格的に学んでいきましょう!

 

スクールを使うことで、エンジニア転職に必要な勉強量が分かるので効率的にプログラミングを習得できます。

 

またエラー発生時にすぐに質問できたり、プロの講師からコードレビューを受けられるので、独学に比べて成長スピードが圧倒的に速いです。

 

スクールは費用がかかることが多いですが、トータルで考えるとそちらの方がコスパが良いのでオススメですよ。

 

こちらの記事でPythonが学べるオススメのプログラミングスクール4選を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
Pythonが学べるプログラミングスクール4選【現役エンジニアが解説】
Pythonが学べるプログラミングスクール4選|現役エンジニアが解説

 

独学じゃダメなのか?

 

独学でもプログラミングを学ぶことはできますが、初心者の場合、挫折する可能性が高く、学習効率も悪いのでオススメしないです。

 

実際にプログラミング初心者の挫折率は約90%というデータもありますからね。Pythonのような情報量がそこまで多くない言語は特にそうです。

 

また仮に独学で挫折せず学習を継続できたとしても、エラー解決に時間がかかってしまうため、学習効率が非常に悪いです。

 

現役エンジニアなら1分で解決できるエラーも、初心者だと丸1日かかってしまう、なんてこともザラにありますからね。

 

スクールを使えば独学よりも圧倒的に早く稼げるようになるので、長期的目線で考えるとスクールを使った方がコスパも良いですよ。

 

理想的な進め方

 

理想的な進め方としては、Progateで基礎学習を始めるのと同時に、スクールの無料カウンセリングを受けるのがオススメですよ。

 

なぜなら、スクールは申し込んでから受講開始するまでに数週間〜1ヶ月の時間がかかることが多いからです。

 

事前にカウンセリングを受けてスクール検討を進めておくと、Progateが終わってからすぐに本格的な学習を開始できます。

 

Progateが終わって間が空いてしまうと、せっかく身に付けた知識も抜けていってしまいますからね。

 

まとめ:将来性の高さを求めるならPython!

まとめ:将来性の高さを求めるならPython!

 

今回は、PythonでできることやPythonを学ぶメリット・デメリット、さらにはPythonを効率的かつ確実に習得する方法についても解説しました。

 

Pythonは今後急速な需要の高まりが見込まれ、将来性の高い言語です。

 

今Pythonを身につけておけば、今後も就職や転職に困ることはないでしょう。

 

その一方で、まだまだ情報量が少ないので初心者はつまずいたときの対処が難しいのも事実です。

 

なので、そこはプロの力を借りて効率的かつ確実に習得するのがオススメですよ。

 

何はともあれ、まずは行動することが大切です

 

ぜひ1歩踏み出してみてください。

 

関連記事
Pythonが学べるプログラミングスクール4選【現役エンジニアが解説】
Pythonが学べるプログラミングスクール4選|現役エンジニアが解説

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-プログラミング学習, プログラミング言語選び

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.