30代未経験からWebデザイナーに転職する方法|スピードと確実性が大切

30代未経験からWebデザイナーに転職する方法|スピードと確実性が大切
悩んでいる人
30代未経験でもWebデザイナーに転職できるのかな? ネットで検索すると30代未経験からは難しいと書いてあるし、実際どうなんだろう…

 

こんな悩みを解決できます。

 

結論、30代未経験からWebデザイナーに転職することは十分可能です。ただ、当然20代よりは難しくなるので効率的かつ確実な方法で目指す必要があります。

 

そこで、この記事では、

  • 30代未経験からのWebデザイナー転職が難しいと言われる理由
  • 今なら30代未経験でもWebデザイナーに転職できる理由
  • 30代未経験からWebデザイナーに転職する方法

について、僕自身の経験や実際にWebデザイナーとして活躍している同僚へのヒヤリング情報をもとに解説していきます。

 

僕の経歴

僕は30代未経験からWebエンジニアに転職しました。現在は現役エンジニアとしてフルスタックで開発しながらWebデザイン周りにも携わっています。

 

この記事を読むと、30代未経験でもWebデザイナーに転職できることが分かり、自信を持ってWebデザイナーへの一歩を踏み出すことができますよ。
SHIMI

 

30代未経験からのWebデザイナー転職が難しいと言われる理由

30代未経験からのWebデザイナー転職が難しいと言われる理由

 

ネットで検索すると「30代未経験からWebデザイナーになるのは難しい」と言われることが多いです。

 

ではなぜそのように言われるのかというと、次の3つの理由があるからです。

理由1:30代以降の転職は即戦力を求められるから

理由2:社長や開発リーダーと年齢が逆転する場合があるから

理由3:収入が下がる可能性があるから

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

理由1:30代以降の転職は即戦力を求められるから

 

これはWebデザイナーに限ったことではないですが、30代以降の転職では企業からは即戦力として活躍することが求められます。

 

今後の成長を見込んでポテンシャル採用してくれるのは新卒や20代までの話です。同じスキル、同じ能力であれば、若い人材を採用する方が企業側にとってメリットが大きいからですね。

 

なので、一般的な転職論として、30代以降で未経験領域に転職するのは難しいと言われています。

 

理由2:社長や開発リーダーと年齢が逆転する場合があるから

 

これはWeb業界に特に多いのですが、社長や開発リーダーが20代というパターンはよくあります。

 

そこに30代未経験のWebデザイナーが加わると、会社での上下関係と年齢が逆転してしまうんですね。

 

まだまだ年功序列の文化が根強い日本では年上の部下への指導がやりにくいと感じる人が多いため、企業側は自分たちより年上の社員は採用しない傾向があります。

 

実際に僕が転職活動した際に20代社長がいるIT企業を色々調べましたが、そのほとんどの企業の社員は社長と同年齢もしくはそれ以下でした。

 

なので、社長や幹部層の年齢が若い企業では30代は採用されにくいというのは事実としてあります。

 

理由3:収入が下がる可能性があるから

 

これまでの経験を活かせる転職であれば収入UPも見込めますが、未経験の場合、そうはいきません。ほぼ間違いなく収入は下がります。

 

一度上がった生活水準を下げるのは想像以上に大変です。

 

独身であれば自分が我慢すれば良いですが、家族がいる場合は自分だけの問題ではないのでその点は家族ともしっかり話し合った上で決めるようにしましょう。

 

今なら30代未経験でもWebデザイナーに転職できる!

今なら30代未経験でもWebデザイナーに転職できる!

 

上述した通り、20代と比較すると難しいという事実はあるものの、今なら30代未経験でもWebデザイナーに転職することは十分可能です。

 

そう断言できるのには、次の3つの理由があるからです。

理由1:Webデザイナーを含めIT人材が圧倒的に不足しているから

理由2:Webデザイナーの採用基準は企業によって異なるから

理由3:実際に多くの30代が未経験からWebデザイナーに転職しているから

 

それぞれ解説していきますね。

 

理由1:Webデザイナーを含めIT人材が圧倒的に不足しているから

 

まず、Webデザイナーを含むIT人材が今圧倒的に足りていないからです。

 

こちらの図を見てください。

IT人材不足

引用元:平成31年 経済産業省 IT人材需給に関する調査(概要)

 

経済産業省が発表した資料によると、2021年現在でIT人材は約37万人も不足しています。さらには、今後10年で最大79万人もの人材不足に陥るとの予測が出ています。

 

これはあらゆる業界でIT化が進み、Web業界が急速に拡大していくからですね。

 

これだけ人材が不足していると、企業も30代だから採用しないとはもはや言っていられない状況なんですね。

 

なので、人材不足が続くWeb業界であれば30代未経験でも転職することは十分可能です。

 

理由2:Webデザイナーの採用基準は企業によって異なるから

 

「即戦力になるWebデザイナーを求めている」とか「上司と年齢が逆転する」といった理由で30代未経験の採用はしないという企業もありますが、すべての企業がそうかというとそんなことはありません。むしろ、少数派です。

 

業種が違ってもこれまでの仕事に対する姿勢を評価して採用してくれる企業もありますし、年齢を気にしない企業だってあります。僕も前者の理由で30代でも採用してもらえました。

 

30代未経験の採用に難色を示す企業は確かに一定数ありますが、30代未経験でも人柄や仕事に対する姿勢を理由に採用してくれる企業もたくさんあります。

 

なので、30代だからといって諦める必要はまったくありませんよ。

 

理由3:実際に多くの30代が未経験からWebデザイナーに転職しているから

 

そして、何より実際に多くの30代が未経験からWebデザイナーに転職しています。

 

30代未経験からのWebデザイナー転職は難しいというのが事実でも、実際に転職した人が大勢いるというのも事実なんです。

 

僕の周りでも30代からWebデザイナーやエンジニアになった人をたくさん知っています。

 

なので、30代未経験でもチャレンジする価値は十分にあると思いますよ。

 

30代未経験からWebデザイナーに転職する方法【2ステップ】

30代未経験からWebデザイナーに転職する方法【2ステップ】

 

では30代未経験からWebデザイナーに転職するには具体的にどうしたら良いかというと、次の方法が最も効率的かつ確実です。

 

30代未経験からWebデザイナーに転職する方法

ステップ1:転職サポート付きのWebデザインスクールに通う

ステップ2:転職サポートを使って転職活動する

 

この方法のポイントは最速かつ確実に転職できる点です。

 

30代はスピードと確実性が大切

 

先程、30代未経験でも転職できると言いましたが、若い方が有利なのは変わりません。Webデザインの学習に1年も2年もかけていては、どんどん不利になってしまいます。

 

なので、学習開始から転職までの「スピード」は非常に重要になります。

 

また、「確実性」も大切です。つまり、確実にスキルを習得して確実に転職することです。

 

30代は色々な面でリスクを追いにくい分、この確実性の観点も忘れないようにしましょう。

 

では、以下で具体的なステップを見ていきましょう。

 

ステップ1:転職サポート付きのWebデザインスクールに通う

 

まず転職サポート付きのWebデザインスクールに通いましょう。

 

Webデザインスクールを使うべき理由は次の2つです。

理由1:効率的かつ確実にWebデザインを習得できる

理由2:転職サポートを使って確実に転職できる

 

まずスキル習得は独学でも不可能ではないですが、スクールに通った方がトータルで考えるとコスパが良いです。早くスキル習得すれば、その分早く稼げるようになりますからね。

 

また「転職サポート付き」というのもポイントです。

 

なぜなら、転職サポートではスクール独自のルートで企業を紹介してもらえるからです。

 

20代未経験でも転職サポートを使った方が確実ですし、30代となるともはや必須と言っても過言ではないですね。

 

以上の理由から、まずはWebデザインスクールを使って効率的かつ確実にスキルを習得しましょう。

 

転職に強いオススメのWebデザインスクール

 

Webデザインスクールといっても非常にたくさんあってどのスクールを選べば良いか分からないと思います。

 

そこで、こちらの記事で転職に強いWebデザインスクールを厳選して解説しているので参考にしてみてください。

関連記事
WebデザイナーになれるWebデザインスクールおすすめ5社比較
WebデザイナーになれるWebデザインスクールおすすめ5社比較

 

この記事で紹介しているスクールから選べば質の高さは間違いないですよ。
SHIMI

 

ステップ2:転職サポートを使って転職活動する

 

Webデザインスクールを使ってスキルを習得したら、次にスクールの転職サポートを使って実際にエントリーしていきましょう。

 

転職サポートのおかげで、企業側は最低限のスキルを持ったデザイナーをリスクなく採用できますし、スクール側にとっても優良企業だけに絞って紹介できます。

 

5年前まではこの仕組みはあまり整っていませんでしたが、ここ最近ようやく環境や実績が揃ってきました。なので、これを使わない手はないですね。

 

スクールを卒業した時点でスキル的にはもう問題ありませんよ。あとは自信を持って面接に望みましょう!

 

まとめ:30代未経験なら最短かつ確実な方法でWebデザイナー転職しよう!

まとめ:30代未経験なら最短かつ確実な方法でWebデザイナー転職しよう!

 

繰り返しになりますが、今はWebデザイナー含めIT人材が圧倒的に不足してます。

 

こういった状況だからこそ、今なら30代未経験でもWebデザイナーに転職できます。

 

Webデザイナーになって手に職つければ今後仕事に困ることはないですし、リモートワークや週3勤務などの自由な働き方も実現できます。

 

そんな理想とするデザイナーライフを実現するためには、まずは行動しないと変わりませんよ。

 

ぜひ勇気を出して一歩踏み出してみてください。

 

関連記事
WebデザイナーになれるWebデザインスクールおすすめ5社比較
WebデザイナーになれるWebデザインスクールおすすめ5社比較

 

 

 

未経験からエンジニアになりたい方へ

本当にオススメできるプログラミングスクール5社

 

未経験からプログラミングを学んでエンジニアになりたい方は、プログラミングスクールを使うのがベストな選択です

 

最近、未経験からエンジニアを目指す人が急増しています。

 

それもそのはず、未経験からたった2年ほどの実務経験を積むだけで、年収1000万円の高収入が得られたり、リモートワークや週3勤務といった自由な働き方を実現できるのですから

 

プログラミングスクールを使えば、たった数ヶ月で未経験からエンジニアになれますよ。

 

以下の記事では、スクール受講者・現役エンジニア・スクール講師という3つの立場を持つ僕が、本当にオススメできるプログラミングスクールを5社に厳選して紹介しています。

 

プログラミング学習やエンジニア転職に少しでも興味があるなら、ぜひ一読してみてください。

 

>> 「本当にオススメできるプログラミングスクール5社」の記事を読む


 

  • この記事を書いた人

SHIMI

大学院卒 ▶︎ 大手自動車メーカー ▶︎ ITベンチャー企業でWebエンジニア ▶︎ プログラミングスクール講師&フリーランスエンジニアとしても活動中。当サイトは、これからITの世界に入りたい方に向けて、プログラミング学習やエンジニア就職・転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介するメディアです。

-未経験からのWebデザイナー転職, Webデザイン

Copyright© SHIMI BLOG , 2021 All Rights Reserved.